読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

投資・起業・副業・節約・法務を研究するブログ

トリセツ:AFP・経営法務コンサルタントが投資・起業・副業・節約・法務の情報を発信。発想のきっかけとなればうれしいです。

法務実務講座:留学生向け予備校が本を丸ごと複製!出版社が損賠請求へ! 著作権侵害!?

「著作権侵害に争いはなし?!」 「行知学園」という留学生向けの大学・大学院入試予備校が、市販の本・問題集を丸ごと違法に複製(デッドコピー)し、学生に配っていたとのことです。 出版社は被害額300万円規模を損害賠償として求める方針のようです。…

「坊主丸儲け」は本当か? お寺と税金について 坊主よ税金払わんかい! 払ってるわ~い!

「坊主丸儲け?! お坊さんは、儲かるのか?!」 個人的には、先日のお坊さんの残業代請求事件には、びっくりしました。。。 じゃ、お経を読んでしたら、 「そろそろ、定時退社の時間なので、お経を短縮させていただきます・・・」 とか言われたら・・・とか…

建物賃貸借契約での「解約不可」「長期契約」「原状回復工事」でのしくじり実例を紹介!! (法務実務講座)

「①解約不可編!」 かなり古い話です。 クライアントが青山の一等地に雑貨店の1号店を開業しました。 店内は広く、上品なたたずまい。 オーナーは、暴最大手電鉄系不動産会社です。 クライアントからの相談は、 売上が落ちて、経営が厳しい・・・ というもの…

(建物)賃貸借契約書では「原状回復工事」の条項も確認しよう!! (法務実務講座)

「原状回復工事にも要注意!」 ビジネス用として、事務所・店舗の賃貸借契約書を締結する際に、どの条項を重点的に確認すべきか? 「原状回復工事」の項目でも要注意です。 こんな条項もあります。 本契約が終了したときは、乙は、甲が指定する者により甲の…

(建物)賃貸借契約書では「禁止事項」「保証金」の条項も確認しよう!! (法務実務講座)

「禁止事項にも要注意!」 ビジネス用として、事務所・店舗の賃貸借契約書を締結する際に、どの条項を重点的に確認すべきか? この禁止事項に該当すると、相手側から、一方的に解約することが可能となってしまうかもしれないので要注意です。 ・「反社会的勢…

(建物)賃貸借契約書で重点的に確認すべき条項は「解約」関係だ!! (法務実務講座)

「(建物)賃貸借契約書では、どの条項を、特に重点的に確認すべきか?!」 ビジネス用として、事務所・店舗の賃貸借契約書を締結する際に、どの条項を重点的に確認すべきか? すばり「解約」です!! ビジネス・人間関係を始めるから前から不吉ですが「解約…

法務実務講座 民法改正案が成立の見通し!! 民法改正案の6つの概要・ポイント!

「民法改正が行われる!」 1896(明治29)年の民法制定以来初!120年ぶりの大改正です! その民法改正案が、衆院法務委員会で賛成多数にて可決しました。 「民法改正案の概要・ポイント」 民法改正案の概要・ポイントは以下となります。 ①消滅時効…

法務実務講座 会社設立登記申請は自分で出来る? 設立手続きの要点・注意点のまとめ

「会社設立登記申請は自分でできる?」 最近は、書籍・ブログ・法務局のサイトと、情報が充実していますので、自分で設立登記申請を行うことも十分に可能かと思います。 中小企業の方で、法務部がない・司法書士への報酬を払いたくないといった方は、検討し…

法務実務講座 会社設立登記申請 法務局は不愛想? 今夜は鍋料理の売上が上がる!!

「朝一で、法務局へ会社設立登記申請に」 クライアントに同伴して、会社設立登記申請に行ってきました。 クライアントの希望で、役員3人が全員お出まし! 10秒で終わりますよ・・・ 何もすることないし、もらえるものもないですよ。。。 と助言したのですが…

法務実務講座 JR発足30周年 国鉄の労働訴訟は?! 訴訟実務は?

「訴訟業務は何をする?」 こちらは、弁護士から指示された資料作成・資料準備。 裁判期日の当日は、分厚い・大量の資料を東京地裁まで運び、被告席に並べます。 しきたり?で、風呂敷で包んで。 裁判が始まったら、傍聴席で、メモを取ります。 「おもしろ裁…

法務実務講座 JR発足30周年 国鉄の労働訴訟は?! 法務実務は?

「JR発足30周年!!」 世間では、イベント等で盛り上がっているようですね。 その裏で、すっかり忘れ去られてしまったのが、国鉄の「労働訴訟」ですね!! もともと、知らないぞ! というツッコミは不要です。。。 「国鉄の労働訴訟とは?!」 若い方は、ま…

まもなく春の叙勲!! 勲章の種類は? 元大学教授の叙勲申請を元担当者が教えます!

「叙勲とは?!」 国が、公共・社会に功労があった人(70歳以上・所定の条件に該当する55歳以上)に授与するものです。 種類は大きく分けると5種類です。 ①大勲位菊花章 ②桐花大綬章 ③旭日章 ④瑞宝章 ⑤文化勲章 瑞宝章は、国・地方自治体に勤務した人、危険…

著作権法違反・著作権侵害には気をつけましょう! 著作権法違反・著作権侵害を回避する方法

「著作権とは、どのような権利なのか?!」 実は、著作権って、微妙と言いますか、わかりにくい権利なのです・・・ 同じ「知的財産権」でも、特許・商標・意匠・実用新案とは違い、著作権は、著作物が創作された時に自然・当然に付与されるという特徴があり…

ラクスルはチラシ・名刺の印刷屋さんではない? ラクスルを利用する際は著作権に注意 を。

「ラクスルとは?」 ラクスルは、チラシ・名刺・はがきなどの印刷をインターネット経由で注文できる印刷会社です。 他社に比べて圧倒的な低価格であることで有名ですね。 低価格で提供できるヒミツはどこになあるのでしょうか? 印刷業界=斜陽産業と言われ…

矢部みほも被害に! 「てるみくらぶ」から学ぶ安全な旅行会社の見分け方のテクニック

「被害者芸能人までも?!」 世間を騒がせている「てるみくらぶ」の倒産事件ですが、事件の余波は芸能人にまで波及しているとのことです。 芸能人「矢部みほ」さんが、「てるみくらぶ」で、4月に韓国旅行を予約していて被害にあったようです。 しかも、クレ…

「てるみくらぶ」が破産! 返金は1%! クレジットカード決済の方は支払停止の抗弁!

「旅行会社のビジネスモデルは?」 一般的に、旅行会社のビジネスモデルは、手数料ビジネスなので、薄利ですが、大きな負債を負う可能性は少ない業界のはずなのですが・・ 社長は会見で、破産の原因として「広告費」をあげていましたが・・ 「てるみくらぶの…

埼玉県では、自転車で違反をすると警察からレッドカードをつきつけられる!!

「埼玉県では、自転車の違反は、レッドカード!!」 昨日の夕方、うちの奥さんが、買い物から帰宅すると、 「さっき、自転車に乗ってたら、警察に呼び止められ、無灯火を注意され、レッドカードをもらった! まだ、薄暗い程度だったのに。これはどういうこと…

借金・ローン返済の裏技?! 借金・ローン返済を踏み倒す!

「借金・ローンの返済は大変・・・」 借金・ローンの返済を猶予・免除する方法といえば、最近のトレンドは、「弁護士」「司法書士」に依頼して、過払い金の返還請求を行うことですね。 過払い金の返還請求で、100万単位が戻ってくるケースもあるようです。 …

株式会社で赤字が発生! 誰が責任を負うのか?

「零細企業の社長・取締役の意識・知識って・・・」 またしても、意味不明な調査依頼が。 「ある部門が大赤字を出した!」 「その部署の責任者をクビにできないか?!」 という内容。 その責任者は、会社の指示に反したとか、独断と偏見と暴走したとか、故意…

本籍地は、どこにしても大丈夫!!本籍地変更は可能!

「本籍地に制限はない!」 本籍地は、自分が住んでいる場所でなければならない!と勘違いしているかたもいるでしょうか? 実は、どこでもよいのです。 たけし軍団の「ダンカン」さんが「甲子園球場」の所在地に本籍を変更したという話を聞いたこともあります…

「元社員に顧客をとられた」 お店・会社は元社員に法的責任を問えるのか? 

「税理士・美容師・ネイリスト・・・会社を辞めて独立するとき・・」 税理士・美容師・ネイリストといった専門職は、会社を辞めて独立するときに、考えること・・・ それは、リピーター的性格を持つ顧客をになんとか、こちらの顧客になってもらえないか・・…

固定残業制度のメリットとデメリット? 合法?違法? 

「固定残業代制・定額残業代制とは?」 なんだか、どこぞのスマートフォンのプランのような響きですね。 簡単に言いますと、毎月一定の残業代(時間数)を支給するとします。 実際の残業時間数<支給する残業代(時間数) の場合でも、残業代が減額(返金)…

不倫は、すぐに、訴えてはいけない?! 裁判・訴訟をするのは損?! 

「訴状は急にやってこない!」 以前、こんなことがありました。 いつものように、会社幹部に呼び出され会議室に入るなり、書類を渡されました。 手渡された書類には、見慣れぬ文字が。 「訴状」 ・・・?? 実は・・・・ 「訴訟までの経緯」 どうやら、どこ…

「会社設立登記の申請日は? 会社の設立日はいつになる?」

「会社設立登記の申請日は? 会社の設立日はいつになる?」 ご自分で会社設立登記を申請しようとしている方や、会社の内部で会社設立登記を申請しようしている会社の方は、要注意です。 「会社設立登記の申請日は?」 会社の設立日はいつになる? これは、一…

「どうなる受動喫煙対策案?! 健康増進法の改正案は後退の一途?!」

「案の修正作業が続く・・・」 先日の修正では、 「既に設置されている屋内の喫煙専用室については、改正法の施行後5年間は存続を認める。」 となり、 今度の修正では、 「小規模なバー・スナックなど例外的に喫煙を認める延べ床面積を「30平方メートル以…