企業法務・マネー・お得情報研究所

経営法務コンサルタント・AFP・元法務部員がマネー・お得ネタ・企業法務の情報を発信します。

治験体験 実際はどんな感じ? 注意事項は?

http://uxlayman.hatenablog.com/entry/2017/01/26/insentens

広告

f:id:turutaka2015:20170206170003j:plain

 

「治験の参加者の年齢層・体型は、実際はどんな感じ?」

 

実際の治験の参加者の年齢層・体型はどんな感じかなのか?

 

健康者を対象とした「薬」の場合ですと、若者(大学生)が多いですので、ぼくのような中年は少数派ですかね。 

 

やはり、健康体=若者ということでしょうか?!

 

体型もスリムな方ばかり。

 

特定の疾患・数値(中性脂肪の高い方・コレステロール値の高い方等)を対象にした「特ホ」系の治験ですと、逆に、ものすごい平均年齢が高いです。

 

体型は、かなり、ご立派な体型の方が多いですね。

 

ぼくのような中肉中背の中年は、いずれの治験でも少数派かもしれません。

 

「治験中の注意事項」

 

治験中の注意事項としてあげられるのは、どのタイプの治験でも、試験中は、安静を要求されることが多いです。

 

 

「治験中の待機時間は、何して過ごすの?」

 

治験中の待機時間は、何して過ごすのかといえば、

 

・マンガを読む

 

・ゲームをする

 

TVを見る

 

ってところでしょうか。

 

たいていの治験では、待機時間中の「睡眠」は禁止されます。

 

うとうと・こっくりしていると、看護師さんから、注意されたりします。

 

他には、資格試験とかの勉強をしている人も多いです。

 

資格試験受験生の方には、オススメの副業です。

 

「注射が苦手な人は治験参加が困難か?」

 

多くの治験では、「採血」が行われますので、注射が苦手な人ですと、治験参加は難しいかもしれません・・・

 

入院タイプや丸1日拘束タイプの治験ですと、1日に5~10数回とか採血されることもあります。

 

ぼくの経験した治験では、毎回、注射するのではなく、採血器?みたいな注射器を、最初に刺して、1日中、つけっぱなし状態。

 

あとは、採血の度に、そこに、容器だけ入れて採血する(つまり、注射の針を刺すのは、最初1回だけ)っていうのもありました。

 

その注射器が気になって、なかなか落ち着けませんでした。

 

もちろん、「採血なし」という治験もありますので、参加前に、必ず確認しましょう。