初心者のためのマネー・お得・お役立ち情報

トリセツ:AFPがマネー・お得ネタの情報を発信しています。初心者の方にも分かりやすく!をポリシーにしています。

「治験体験記②  実際の治験ってどんな感じ?信濃町にて  」

http://uxlayman.hatenablog.com/entry/2017/01/26/insentens

広告

f:id:turutaka2015:20170206170003j:plain

 

「治験 信濃町にて」

 

次の年に参加した治験が、こちらです。

 

 

「治験概要」

 

行程:2泊3日×2回(中1週間。いったん自宅へ帰る)

 

謝礼:70,000円

 

内容:健康者を対象とした薬

 

交通費:支給なし

 

 

 

この1年間の間で、私生活での大きな変化は「結婚」「転職」でした。

 

じつは、前年までは、某資格試験を目指し、専業受験生をしていました。

 

 

・時間はたっぷりある

 

・自由がきく

 

・勉強時間が欲しい(あわよくば、バイト中に勉強できれば)

 

という状況には、治験は、ぴったりでした。

 

 

しかし、結婚・転職し、資格試験も断念しますと、事態は一変し、状況は「逆」に。。。

 

なんとか、奥さんから外泊の了承をもらい、金曜日の終業後からの試験へ参加できました。

「治験のスケジュールは?」

 

治験のスケジュールは、「金曜の夜~日曜の夕方まで」でした。

 

 

「治験の施設・特徴は?」

 

治験施設や治験内容の特徴ですが、前回の治験との違いは・・・・

 

あまりなかったです!

 

ベッドも、10~15人の共同(相部屋)でしたし、1日の治験スケジュールや、休憩室やマンガの類も、ほぼ同じでした。

 

今回の治験では、治験施設の人と仲良くなる時間もなかったので、昼間の入浴タイムのような特典もなく、通常どおり、夜シャワーを10~20分程度でした。

 

 

「治験終了後の感想」

 

その他は、特に変わった点もなく、ごく「普通」の治験かと思います。

 

治験の謝礼も、相場どおりですし、よく募集されている治験だと思います。

 

 

広告を非表示にする