初心者のためのマネー・お得・お役立ち情報

トリセツ:AFPがマネー・お得ネタの情報を発信しています。初心者の方にも分かりやすく!をポリシーにしています。

「治験体験記④  実際の治験ってどんな感じ? 亀戸にて 映画鑑賞会?! 」

http://uxlayman.hatenablog.com/entry/2017/01/26/insentens

広告

f:id:turutaka2015:20170206170003j:plain

 

「治験 亀戸にて」

 

次の年に参加したのが、こちらです。

 

 

「治験概要」

 

行程:日帰り(朝~夕方)×4回

 

謝礼:59,000円

 

内容:中性脂肪高めの方を対象とした特ホ飲料

 

交通費:支給なし

 

 

「日帰りの治験もいい!!」

 

初の「日帰り」の治験に挑戦しました!

 

やはり、会社員にとっては、「(金~)土日の宿泊」と「土日の日帰り」というのは、日程的に好都合です。

 

さらに、既婚者にとっては、「(金~)土日の宿泊」よりも、「土日の日帰り」というのは、さらに好都合です。

 

当時は、日帰りの治験の募集は珍しく、競争が激しかったのですが、得意?の「中性脂肪

試験だったためか、運よく「当選」できました。

 

 

「治験のスケジュールはどんな感じ?」

 

治験全体のスケジュールは、ほぼ同じでした。

 

「治験の施設は、どんか感じ?」

 

この治験で、特徴的だったのは、治験の待機室・休憩室が、全員一括だったことでした。

 

試験施設も、病院ではなく、企業?で行われていたことも原因でしょうか?

 

治験参加者総勢30~50人が、同じ部屋にて待機という状況でした。

 

 

「治験の待機中にイベント?を開催!!」

 

治験での待機中にイベント?として「映画(DVD)鑑賞会」が開催されました。

 

やはり、待機時間が長く、治験の専門施設ではないため、マンガ・DVD部屋を用意できないためでしょうか?

 

また、どこの治験でも「昼寝禁止」(※)とされるケースが多いのですが、眠気防止・飽きさせないように、治験の実施施設側でも、いろいろ工夫しているようです。

 

※どうやら、寝てしまうと血液検査での数値とかに影響があるみたいです)

 

このときは、前方に、巨大なスクリーンを用意されて、本格的な「映画鑑賞会」となりました。

 

興味のない映画で、自分から進んで見ることはないな~という作品でしたが、話題作たっだので、話題・ネタ作りのため、ゆるく見てました。

 

映画の内容は、意外と面白かったです。

 

ただし、あくまでも「余興」なので、

 

映画のクライマックスシーンのところで、

 

「86番さん!」(※)と呼ばれて、別室で採血しているうちに、肝心のところを終わってた・・・

 

という消化不良感も。

 

(※)治験では、たいてい個人情報保護のため「氏名」ではなく「番号」を振り当てられ「番号」でよばれます。塀の中と同じです。

 

 

「治験終了後の感想」

 

治験の謝礼は、まずます高額でした。

 

日帰りだと、拘束時間も短く負担感も少なくて感じました。

 

おまけの「映画鑑賞」もよかったです。

 

大満足でした!