読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

副業・起業・節約・投資・マネー・法律・ビジネスの裏技ブログ

AFP&経営法務コンサルタントが実践的な副業・起業・節約・投資・マネー・法律・ビジネスの情報を発信していきます。

「相続手続き(遺産分割協議・証券名義変更・土地の売却・相続登記)は自分でやってみましょう!!③ 」

起業・ビジネス

f:id:turutaka2015:20170208172000j:plain

 

「放置・・・そして、新たな相続が・・・」

 

株・土地ともに期待が大きかったせいか、テンションの下がり方がハンパない・・・

 

結局、実入りが「2万」ということでは、動く意欲が・・・

 

ということで、放置状態に・・・・

 

 

そんな状態で、数年経過の後、第2の相続が発生してしまう!!

 

相続人の1人が急きょ病死してしまったのだ。

 

管理人の叔母である。

 

しかも、この叔母は、離婚歴があるので、戸籍の収集や、子供がいると、遺産分割協議の手間が増える。

 

さすがに、他の3人の相続人も、重い腰をあげ、相続手続きの開始!

 

 

「実務は、管理人が行う!」

 

なぜなら・・・

 

以前、司法書士試験を目指した経験と、司法書士事務所での勤務経験があるためだ。

 

行政書士の資格も持ってるしと。

 

まずは、戸籍収集から!!

 

これが、難航する・・・・

 

 

祖母の本籍地が「栃木県」のため、母名義により郵送で取寄せ。

 

しかも、昔の戸籍は、字のクセがヒドくて、ぜんぜん、読めない・・・

 

数字を頼りに、なんとか読み進み、不足分を取り寄せること数回も・・・

 

「同時に遺産分割協議書の作成へ」

 

内容は、母の単独相続で、他の相続人には、売却後に、現金を4等分する、というもの。

 

遺産分割協議書へ実印の押印・印鑑証明書の提出・自分の現在の戸籍

 

を母経由で、叔父と従妹に依頼する。

 

 

叔母については、叔母の死亡後に、後を追うように、義理の叔父まで亡くなり、1人っ子の従妹の単独相続となっていた。

 

叔母の最初の結婚の際に戸籍を取り寄せ、子供がいないことに一安心。

 

こちらも、古い&転籍を繰り返しているので、全部そろえるのに一苦労・・・