読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

副業・起業・節約・投資・マネー・法律・ビジネスの裏技ブログ

AFP&経営法務コンサルタントが実践的な副業・起業・節約・投資・マネー・法律・ビジネスの情報を発信していきます。

「相続手続き(遺産分割協議・証券名義変更・土地の売却・相続登記)は自分でやってみましょう!!④ 」

副業・小遣い稼ぎ

f:id:turutaka2015:20170208172000j:plain

 

「相続登記の準備も開始!」

遺産分割協議書・印鑑証明書・戸籍の準備にめどがついたため、今度は、相続登記の準備へ。

 

こちらも、「数次相続」(祖母→叔母)が発生しているために、書き方の調べるのが大変・・

 

 

「提出は郵送で!!」

 

なんとかかんとか、揃ったところで、ようやく提出へ!

 

成田出張所ってどこ?

 

成田駅からバスで・・・

 

って、成田なんて、海外旅行に行くときにスカイライナーでしか行かないぞ!!

 

法務局のサイトを読むと、「郵送受付可」となっていた!!

 

神の救い!!

 

迷わず「郵送」で申請書一式を送る!!

 

 

「成田の法務局から、ストーカーのようなTEL攻撃・・・」

 

一発で、終わることはないだろう・・・と覚悟はしていたが、そんな甘いものではなかった!

 

まずは、「除籍の附表」がない!!

 

これは、市役所が「保存年数を過ぎたので破棄して発行できない!」という理由。

 

事前にTEL確認したときは、

 

「その旨、書いていただければOK

 

とか言われていたのだが、

 

「相続人の同意書的なものを作成して欲しい!」

 

と・・・

 

 

作成し、送付すると、

 

今度は、

 

戸籍のココとココの間が抜けている×3か所!!

 

取寄せて送付。

 

 

今度は、

 

遺産分割協議書の文言を加筆して欲しい!

 

祖母相続人叔母の相続人従妹

叔母の相続人叔父相続㊞従妹㊞

 

みたいな2つの身分を持つ男と書いてくれ!

 

と。

 

こちらも、書き直し、叔父連中にも、郵送で、再度の押印依頼をして郵送!

 

 

結局、相続登記が完了するまで、2か月近くかかってしまった・・・

 

法務局の人は悪くないのですが・・・

 

 

せめて、古い戸籍も作成し直して欲しい・・・

 

字が読めない・・・

 

 

そして、無事に「登記完了証」と戸籍一式が返却されて、相続登記は完了!!