初心者のためのマネー・お得・お役立ち情報

トリセツ:AFPがマネー・お得ネタの情報を発信しています。初心者の方にも分かりやすく!をポリシーにしています。

「WBC開幕!! 日本は優勝できるか?! カギを握る選手は?!」

http://uxlayman.hatenablog.com/entry/2017/01/26/insentens

広告

f:id:turutaka2015:20170224112709p:plain

「WBCが、いよいよ開幕!!」

 

まもなく、WBCが開幕しますね!!

 

個人的には、小久保監督が、管理人と同い年ということもあって、かなり応援に力が入っております。

 

「小久保は、日本代表の監督とはスゴイな~~」

 

とリスペクトしています。

 

さてさて。

 

壮行試合も行われ、いよいよ、本番が近づいてきた感じですね!

 

「日本代表は大丈夫なの?」

 

壮行試合初戦は、ソフトバンクホークスに完封負け。

 

2戦目の台湾選抜には、滅多打ちにあって敗戦。

 

3戦目の台湾選抜で、ようやく、投打がかみ合い、快勝。

 

ほっと一息というところでしょうか?

 

2戦目で、打たれた、楽天の「則本」や、西武の牧田が心配?

 

まったく心配ないと思います。

 

則本や牧田は、国際試合での経験も豊富ですし、抑えてきた実績があります。

 

とくに、牧田のようなアンダースローは「メジャー」にはいませんので、慣れるまでは打てないでしょう。

 

以前、千葉ロッテ渡辺俊介をまったく打てなかったように。

 

むしろ、心配なのは「打線」です。

 

「ピッチャーの質は高い!! ワールドクラス?!」

 

もともと、日本代表のピッチャーのレベルは、相当高いです。

 

メジャーに行けば、即、二けたするようなピッチャーばかりでしょう。

 

なので、ダルビッシュマー君が戻って来なくても、大谷翔平が辞退しても、大丈夫だと思います。

 

しいて、不安要因をあげるなら、ブルペン

 

とくにクローザーでしょうか?

 

前回のプレミアのときは、苦労しました・・・

 

ただ、今回は、楽天の松井も、プレミアで、プレッシャーがかかる代表戦の舞台を経験しましたので、メンタル面で自滅することはないかと思います。

 

「春先は、ピッチャーの仕上がりが早い! バッターは遅い!」

 

いくら、早めに調整をしても、この時期に、バッターがMAXの状態に仕上げるのは困難ではないでしょうか?

その点は、ピッチャーは早めに仕上がる傾向です。

ストレートのスピードこそ、MAXにはならないでしょうが。

 

「もともと、バッターには不利」

 

野球は打っても、3割しか打てません。

 

代表クラスの投手陣になれば、なおさら、「連打連打!」で、ビッグイニングを作るのは困難です。

 

すぐに、交代して、いいピッチャーが出てきますし。

 

日本の選手は、メジャーの特徴である「動く球」を打つのが苦手です。

 

メジャーリーガーがアンダースローに慣れていないのと同様に、「動く球」に慣れていません。

 

したがって、ブンブン振り回す・引っ張りバッティングをしていると、まったく打てないでしょう。

 

WBC第1回で優勝したときのような「機動力」「試合巧者」という「スモールベースボール」というのが、作戦的には有効ではないでしょうか?

 

となると・・・

 

カギになるのは、メジャーを知る男の青木や走攻守の揃った西武の秋山あたりでは?!

 

「投手陣の不安点は・・・」

 

ブルペン以外ですと、

 

①ボール

 

②マウンド

 

③メンタル

 

でしょうか?!

 

ボールは、独特の縫い目の高いもので、変化球がよく曲がるようですが、慣れるまでは一苦労のようです。

 

マウンドも、独特の硬いマウンドのようですね。

 

ただ、どちらも、早めに対策を取っているので、大丈夫ではないでしょうか?

 

むしろ、心配なのは③ですかね!?

 

国際試合の経験豊富な選手たちや、メジャーリーガーの青木を中心に、経験不足の若手をフォローすれば・・・

 

「日本は優勝できるか?!」

 

回を重ねるたびに、米国もホンキ度がUPしてきています。

 

当初は、マイナーリーガーしかいませんでしたから。

 

中米のレベルは、相当高いです。

 

では、日本は優勝できるのか?

 

最後は「運」でしょうか?!

 

ただし、「運」を呼ぶ、逃さないためには、「ミス(エラー)」「四球」は、絶対にNGです!!

 

実力的には、優勝レベルにあります。

 

あとは、平常心で、いつもどおりの野球をし、ミスせず・相手にミスに乗じることが出来れば、優勝でしょう!!

 

がんばれ日本代表!!!