読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

副業・起業・節約・投資・マネー・法律・ビジネスの裏技ブログ

AFP&経営法務コンサルタントが実践的な副業・起業・節約・投資・マネー・法律・ビジネスの情報を発信していきます。

「昨年、FXで損失を出した人は確定申告をして来年の税金を安くしましょう! 繰越控除制度 前編」

節約

f:id:turutaka2015:20170303152642j:plain

 

「FXで負けた人も確定申告すべき!!」

 

FXや投資で、継続して利益を出すことはなかなか難しいのが現実です。

 

時には、大きな損失を出すことも珍しくありません。


逆に、FXでの利益が年間20万円を超えるますと、確定申告をして納税しなければ、罰せられます。

 

FXで確定申告する必要があるのは、儲けた(利益が出た)人だけでしょ・・・

 

と思っていませんか?

 

そんなことはありませんよ。

 

繰越控除制度という投資で損失を出した人が利用できる「お得」な制度があります。

 

確定申告を行い、この制度を利用すれば、もし、来年、FXで利益が発生した場合、今年の損失分を控除(差し引いて)してるのです。

 

来年支払う税金が安くなります。

 

投資を行う場合、各種税制の知識は、絶対的に必要ですので、覚えておきましょう。

 

「繰越控除制度は、敗者の味方?!」

 

しかも、この控除制度の期間は、最大3年間となります。

 

金額の制限はありませんので、年間数万円の損失~数億円の損失まで、しっかりと確定申告しておきましょう。

 

 

「納税額のシミュレーション!!」

 

具体的な金額のシミュレーションです。

 

FXは、年間の利益が20万を超えると課税されます。

 

課税額は、所得税15%、住民税5%の合計20%となっています。

 


例えば

 

3年前:100万円の損失

 

2年前:50万円の利益

 

1年前:30万円の利益

 

今年:20万円の利益

 

とします。

 

 

確定申告・繰越控除制度を利用せず、毎年、精算すると、4年間の納税額は20万円となります。

 

一方、3年前に確定申告をしていれば、その後の利益が出た3年間も、納税せずに済みますので、トータルの納税額は0円です。

 

ただし、海外口座の税金の扱いは自治体によりことなるケースがあります。

 

事前に、お住まいの税務署に確認した方がよろしいかと思います。

 

続きは、明日の「後編」をご覧ください。。。