読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

副業・起業・節約・投資・マネー・法律・ビジネスの裏技ブログ

AFP&経営法務コンサルタントが実践的な副業・起業・節約・投資・マネー・法律・ビジネスの情報を発信していきます。

給料をアップさせる方法:おススメ6選 ①

副業・小遣い稼ぎ

f:id:turutaka2015:20170208172000j:plain

 

「給料をアップさせる方法はあるのか?」

 

アベノミクスも黒田バズーカも、トランプ相場も、そんなの関係ない!

 

とばかりに、まったく上がらない給料。

 

会社員としては、少しでも給料をアップさせて、生活を楽にさせたいところですね。

 

 

「給料をアップさせる方法:おススメ6選」

 

①起業:リスク度  ☆☆☆☆

    リターン度 ☆~☆☆☆☆☆

 

②副業:リスク度  ☆☆

    リターン度 ☆~☆☆☆☆☆

 

③転職:リスク度  ☆☆☆

    リターン度 ☆☆~☆☆☆☆

 

④資格取得:リスク度 ☆

      リターン度 ☆~☆☆☆

 

⑤給料アップ交渉:リスク度 ☆~☆☆☆

      リターン度 ☆~☆☆

 

業務委託契約化 :リスク度 ☆☆☆☆

          リターン度 ☆~☆☆☆☆

 

契約社員へ :リスク度 ☆☆☆☆

        リターン度 ☆~☆☆☆☆

 

 

 

「意外な盲点! それは会社との「交渉」⑤!!」

 

①~③については、また、別の機会に。

 

今回は④~について説明いたします。

 

 

会社と給料アップの交渉した経験はありますか?

 

ありませんよね?!

 

どうせ、うちの会社が、アップさせるはずがないし・・・

 

と諦めないで、チャレンジしてみましょう。

 

給与体系・社内の給与規定によっては、出来ませんが、可能な会社の方が多いはずです。

 

「給料アップ交渉のやり方は?注意点。」

 

ただ、「上げてください!」と言っただけでは、給料は上げてもらえないでしょう。

 

自分の価値をアピールしましょう。

 

今までの結果・実績と、今度の展望と。

 

数字を交えてながらの方が効果的ですね。

 

もちろん、事務系でも可能です。

 

例えば、

 

「従業員の人数を1人削減することが出来た。経費は年400万相当だ。」

 

「この業務を外注化・専門家に依頼したら、月額20万相当だ。」

 

といったように。

 

数字があると説得力が増します。

 

「社風によっては・・・」

 

ただし、社風によっては、

 

「不満分子だ!」

 

とマイナス評価されるおそれもありますので、そのような社風でしたら、控えましょう。

 

また、

 

「転職することも辞さない!」

 

「ヘッドハンターからのオファーがきている!」

 

といったことを言うと、

 

逆に

 

「じゃ、どうぞどうぞ」

 

ダチョウ倶楽部になりかねません。

 

交渉カードとして、安易に使用することは要注意です。

 

あくまでも、自分には

 

これだけの価値がある!

 

会社に利益を与えられる!

 

再評価してくれ!

 

というスタンスが良いと思います。

 

「⑤給料アップ交渉のまとめ」

 

リスクは、社風的に問題ないか?と、交渉のスタンスで、揉めたり・遺恨を残すようなことを避けましょう。

 

リターンは、倍増とかまで望むのは難しいでしょう。

 

月額数万円レベルなら十分に可能なかと思います。

 

思ったよりも簡単な交渉で、数万円あげてもらえた!なんて話は、よく耳にいたします。

 

 

続きは翌日の②へ