読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

副業・起業・節約・投資・マネー・法律・ビジネスの裏技ブログ

AFP&経営法務コンサルタントが実践的な副業・起業・節約・投資・マネー・法律・ビジネスの情報を発信していきます。

給料をアップさせる方法:おススメ6選 ②

副業・小遣い稼ぎ

f:id:turutaka2015:20170208172000j:plain

 

給料をアップさせる方法:おススメ6選 その④資格取得」

 

会社側から、積極的に、資格取得を奨励している場合は、それに乗りましょう!

 

簿記2級:月1万

 

とか会社によって、資格の種類・金額は、さまざまですね。

 

でも、うちの会社は、やっていないんだよ・・・

 

 

「資格所有者を募集しているときもある?!」

 

たとえば、新規事業で「不動産業」を始める!!

 

宅建士を持っている従業員はいないか・・・

 

なんてことがあるかもしれません。

 

管理人も、昔、このパターンで「給料アップ(資格手当)」に成功した経験があります。

 

自分から名乗って、新規の「不動産事業部」へ異動になり、プラスで月額2万のアップを勝ち取りました。

 

「自分から提案してみましょう!」

 

制度もなけばれ、募集もしていない・・・

 

そんなときは、自分で売り込みを!

 

たとえば、最近、労務関係でのトラブルが多いようだ・・・

 

と思ったら、

 

社会保険労務士を持っています(取ります)ので、手当をください!」

 

といった感じで。

 

ほとんどの会社で、資格取得をプラス評価にしていると思いますので、提案する価値はあるかと思います。

 

また、これから取得するのであれば、資格取得の費用負担をお願いするのも良いでしょう。

 

「資格取得のもう一つの効果」

 

資格を取得できれば、社内での給料アップ・資格手当をもらうだけではなく、将来的には、資格を利用し独立・起業することも可能となります。

1粒で2度おいしい資格取得は「おススメ」ですね。

 

 

「④資格取得のまとめ」

 

リスクは、資格取得の難易度が高い場合、学習時間の確保が課題となります。

 

取得費用が自己負担の場合も、リスクとなりますね。

 

ただし、会社ともめる可能性は、ほとんどないでしょう。

 

 

リターンは、資格の難易度にもよりますが、月額数万の手当から取得時に一時金で数万~数十万といったところでしょうか。

 

自分のスキルアップや将来の起業などへも発展可能ですので、かなりおススメです。

 

 

続きは翌日の③へ