読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

副業・起業・節約・投資・マネー・法律・ビジネスの裏技ブログ

AFP&経営法務コンサルタントが実践的な副業・起業・節約・投資・マネー・法律・ビジネスの情報を発信していきます。

不倫は、すぐに、訴えてはいけない?! 裁判・訴訟をするのは損?!③

法務・法律

f:id:turutaka2015:20170209170041j:plain

「第1回期日!」

 

そんなこんなで、第1回期日がやってくました。

 

社長は、地方までわざわざ出張して出廷!!

 

のちほど、報告を聞くと、

 

 

10分で終わった!

 

特に、何もなく、次回の期日を決めただけ!

 

 

そんなもんでしょね・・・

 

 

 

「再度、説得!」

 

その後、顧問弁護士からも、「本人訴訟は止めたほうがいい」と再度のアドバイスをいただき、再再度の説得を。

 

 

じゃ、弁護士費用は、店長に出させよう! それならいい!

 

 

先日の社員想いの発言は、地方の裁判所に置いてきてしまったのでしょうか・・・

 

とにかく、訴訟を顧問弁護士に依頼することができたのはなによりです!

 

 

「TV電話?!」

 

顧問弁護士へは、地方の裁判所への出張を依頼するので、費用は高額になりそうだな・・・

 

と心配していたのですが、

 

顧問弁護士から、

 

TV電話を使えば、現地へ行かなく済むので、そうしましょう!

 

との助言をいただきました。

 

これで、費用も抑えられるし、体制は整いました!!

 

 

「不倫・セクハラの訴訟って、エグイ・・・」

 

あらためて、女子大生からの準備書面・答弁書を、よく読んでみると・・・

 

中身がエグイです・・・

 

その日の出来事が、時間軸に沿って事細かに、表現されています。

 

中には

 

「店長は避妊具もつけずに・・・」

 

とかまで書いてあります・・・

 

 

「店長へのヒヤリング」

 

顧問弁護士から、当事者である店長へヒヤリングをしたい!との連絡があり、両者のスケジュール調整をしたうえで、管理人も同席しました。

 

顧問弁護士からの店長への質問もエグイです・・・

 

ホテルの名前は?

 

ホテルへは、どちらが誘った?

 

ホントに避妊具はつけなかったのか?

 

と、書類に書かれている内容を1つ1つ確認していきます。

 

続きは、明日の④へ