読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

副業・起業・節約・投資・マネー・法律・ビジネスの裏技ブログ

AFP&経営法務コンサルタントが実践的な副業・起業・節約・投資・マネー・法律・ビジネスの情報を発信していきます。

不倫は、すぐに、訴えてはいけない?! 裁判・訴訟をするのは損?!④

法務・法律

f:id:turutaka2015:20170209170041j:plain

「依頼人はウソをつく!」

 

弁護士・裁判ドラマや映画で、

 

依頼人はウソをつく!

 

という場面を、よく見ますよね?

 

顧問弁護士は、ハッキリとは言わないのですが、その気持ちが「ありあり」なんです。

 

 

弁護士:関係は1回だけですか?

 

店長:はい!

 

弁護士:ホントに? ふつう、1度関係を持ったら、何度も・・・と思うでしょ?

 

店長: ホントに1度だけです・・・

 

弁護士:もう1度!という気持ちにはなったでしょ? 

 

店長:いや・・・

 

弁護士:誘ったことくらいはあるでしょ? ごはんくらいは?

 

店長:誘ったことはありますが・・・ スケジュールがあわなくて・・ ごはんには行きました・・

 

やっぱり、出てくるんかい!!

 

その様子は、まるで、鬼刑事の取り調べのようです!(受けたことはありませんが・・)

 

ますます、プロである弁護士以外には、出来ないと痛感しました。。

 

 

「裁判は淡々と進む・・・」

 

その後は、とくに、大きな動きもなく、たんたんと進んでいきました。

 

顧問弁護士からは、書類関係のコピーとメールで状況報告を受けるくらいで。

 

相手側の書類を読んでいると

 

負けるのでは?

 

と心配になるのですが、

 

顧問弁護士からは

 

大丈夫でしょう!

 

勝てますよ!

 

と前向きな見解をいただきました。

 

やはり、プロの見方は、違いますね。。

 

続きは、明日の⑤へ