読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

投資・起業・副業・節約・法務を研究するブログ

トリセツ:AFP・経営法務コンサルタントが投資・起業・副業・節約・法務の情報を発信。発想のきっかけとなればうれしいです。

副業から起業へ 方法・アイデアは?! 好きなこと副業・スフラッシュキャリアとは?

http://uxlayman.hatenablog.com/entry/2017/01/26/insentens

広告

f:id:turutaka2015:20170317142147j:plain

 

「人生の計画と資金計画」

 

日本人の平均寿命が伸び続けていますね。

 

2017年3月1日厚生労働省の発表によりますと、日本人の平均寿命は、男性80歳・女性87歳!!

 

一方で、会社の寿命(生存率)は、10年生存率10%という情報や平均寿命でも20余年とか言われています。

 

定年まで、生存し続けられる会社の方が少ないということになりますね。

 

それは、大企業・上場起業・役所であっても同じです。

 

30年前には、「銀行」と「役所」はつぶれない!

 

と言われている時代がありました。

 

今や、銀行どころか夕張市役所のように「役所」でも破たんする時代です。

 

日本航空・東京電力~三菱自動車・シャープ・東芝まで、超有名企業でも、絶対に「安心」という会社は、もはや「ありません」ね。

 

むしろ、「いつ会社がなくなっても不思議ではない」という心構えを持っている方が良いのではないでしょうか。

そして、会社に「異変」起きた時、収入が給料のみですと収入が途絶えてしまいます。

今から、収入源を複数化にできるようにしたいですね。

 

 

「専業主婦の方も、他人事ではない」

 

離婚ですが、件数は年間20万組超え・離婚率は約2%という状況です。

 

もはや、離婚がレアケースと言えない状況で、収入源を夫の収入の1か所にしているのは極めて危険と言わざるを得ません。

 

離婚が決定してから、離婚を協議し始めてから、収入源を確保するのは、困難です。

 

いまのうち、準備しておくのが賢明ですね。

 

 

「収入源は複数にすべき」

 

会社員でしたら、会社からの「給料」だけに収入源を依存するのは避けましょう。

 

会社の業績悪化・倒産・リストラなどによって、無収入になってしまいます・・

 

会社は絶対的な存在でないですし、終身雇用・年功賃金も「ありえません」

 

今から、「副業」「投資」などの別の収入源を確立し、「会社」「給料」に異変が起きた場合でも、急に、生活苦にならないように準備しましょう。

 

 

「お国も後押し」

 

政府も「働き方改革」をすすめ始めています。

 

労基法を改正し、原則として、「副業」を認める(許可制等を含む)方向のようです。

 

さらに、雇用保険の適用を受ける人の範囲を拡大させるようです。

 

複数の会社にまたがっても、週20時間以上勤務していれば失業手当をもらえるようにするようです。

 

法改正の効果は別にして、トレンドは

 

「禁止」→「黙認」→「容認」

 

という流れでしょうか。

 

裏返せば、もはや、企業は社員の面倒を見ることが出来ない(しない)という姿勢を政府

 

も容認したということではないでしょうか?

 

そのかわり、副業を認めて、足らない分は、自力をなんとかしなさい!ということでしょう。

 

「一生で、お金はいくら必要なのか計算しましょう!?」

 

年金不安や終身雇用の崩壊などで、いたずらに不安を煽る向きもありますが、冷静に、いったい「お金はいくら」必要なのか計算してみましょう。

 

意外と、足りるようなら、準備・心配の必要はなくなりますし、

 

意外と、足らないようなら、準備をしましょう!

 

 

考え方のポイントは、

 

①年金等の収入額の推定

 

②費用の推定

 

③不足の場合の対策は?

 

ですね。

 

もちろん、年金の受給額・制度そのもの(何歳からもらえるか?)といった部分について、正確な算出は困難です。

 

概算で結構ですので、ねんきん定期便で年金受給額を計算してみましょう。

②の費用も、ライフスタイルをイメージし、衣食住の基本的なコストを算出し、概算で算出してみましょう。

 

そして、過不足(たいていは、不足でしょうか?!)の金額が、概算でも算出できたら、次は、どのように補うのかについても、具体的に計画することが出来るようになります。

 

 

「年金の受給開始を繰り下げるだけで40%のアップに!」

 

年金の受給開始を70歳に繰り下げると、年金受給額42%も増加させることができます。

 

例えば、毎月の受給金額が14万円だとすると、20万円にアップすることになります。

 

かなりのアップではないでしょうか?

 

とすると、どうしたら、年金の受給開始を70歳に繰り下げられるか?という観点から、ライフプランを考えてみましょう。

 

70歳までは、フルタイムで働こう!とかですね。

 

 

「収入を増やす・支出を減らすの合わせ技で」

 

①どのように収入源・収入を増やす?

 

②手段はどうするか?(貯蓄・投資)

 

③どのように、支出を減らすか?

④不測の事態の対処方は?(病気・介護・死亡)

 

ざっくりとライフプラン・計画を考えてみましょう。

 

数字を見るのが怖い!

 

数字が苦手!

 

という方も多いかと思います。

 

ですが、具体的な数字を見れば、漠然とした不安ではなく、現実的・具体的な不安をとしてとらえられ、対策も考えられますね。

 


「ライフプランは、定期的に見直しましょう」

予定が未定!

 

年金の受給額・年金制度~家族の状況まで、想定していない変化・変更は起こるものです。

 

定期的にライフプランを見直して修正していきましょう。

「収入源の複数化 副業を検討しましょう!」

収入源の複数化の代表格はといえば、「資産運用」「仕事をする」2つがあげられますね。

「資産運用(投資)」は、経験・適正の個人差が大きいです。

 

「仕事をする」場合も、それなりの金額を稼ぐためには、ある程度の勤務時間数が必要となります。

 

会社員方だと、夜間・週末に限定されてしまうので、難しいでしょうか?!

 

「好きなこと副業のススメ?!」

 

そこで、中間的な位置づけとしての「副業」はいかがでしょうか?

 

軌道にのれば「起業」をして、本業とすることもできます。

 

コストを抑えた形の「副業」にすれば、失敗してもリスクは少なくて済みます。

 

そこで、「好きなことを仕事にしてみる」という方法はいかがでしょうか?

 

 

「好きなことを仕事にして稼げるの?」

 

例えば、

 

料理が好きな方が週末にお料理教室をする!

 

心理学に興味・得意な方がカウンセラーの仕事を始めてみる!

 

自分の好きなことで、価値を提供できる(お金を稼げる)手段はないかを考えるみましょう

 

「好きなことを仕事にするメリットは?」

 

①勤務時間・勤務場所は自由

土日だけ働く!

 

平日2日だけ!

 

1日2時間だけ!

 

平日の夜間だけ!

 

自宅で!

 

近所のファミレスで!

 

と自分のライフスタイルに合わせて時間や場所の設定をすることができます。

 

②やる気アップ!

 

会社の仕事と違い、好きなことなので、やる気が違いますね。

 

充実度満点です。

 

③成功率も高い?!

 

好きこそものの上手なれ!

 

好きなことですと、内容にも精通していますし、ターゲット・ニーズにも理解が及びます。

成功しやすくなります。

 

「好きなことを仕事にするなんて、甘いのか?!」

 

もちろん、好き=得意=稼げるとはなりません。

 

しかし、逆に、稼げる・儲かるという視点だけで始めると、ビジネスの苦痛に耐えることが出来ないことがあります。

 

いくら儲かるからと言って、PC・ITの苦手な人が、ネットビジネスを続けるのは、精神的困難でしょう。

 

 

「好きなことから始めて」

 

好きなことを仕事にして、精神的・人生の質を高めながら、同時に経済的にも潤おうというのが理想的ではないでしょうか?

 

「スラッシュキャリアのススメ?!」

 

スラッシュキャリアとは、複数の肩書きをスラッシュ(/)で区切りことです。

 

例えば、

 

「会社員/コンサルタント/セミナー講師/ライター」

 

のように、異なる職種を兼ね備えたワークスタイルです。

 

スラッシュキャリアにはいくつかのタイプがあります。

 

①複数の仕事を並行して行うタイプ。

 

②本業+副業のタイプ。

 

 

「スラッシュキャリアのメリット・デメリット」

 

スラッシュキャリアのメリットは、異なる分野を組み合わせて自分の価値を高めるられることです。

 

異なるスキルをあわせることによって、より特殊・高度・レアなスキルと評価され価値がアップします。

 

他の会社・業種の方と人脈を築くことが可能となります。

 

 

スラッシュキャリアのデメリット・注意点は、複数の仕事を場合、スケジュール管理は、重要となります。

 

本業に支障をきたしたり、体調を崩す可能性もありますので、要注意です。

 

また、会社の就業規則で「副業」等が禁止されていないか確認しておきましょう。

 

 

「副業との違いは?」

 

大きな差はないでしょうね。

 

しいて言うなら、横文字・流行りということで、モチベーションアップになること。

 

なかなか、副業・起業を始められない方にとっては、別のキャリアを名乗る・名刺を持つといった「形」から始めることで、スタートのきっかけになるのではないでしょうか?

 

「手軽な副業といえば」

 

会社員の方や主婦の方が、時間の合間で出来る、もっとも簡単な副業といえば、「ネット副業」ですね。

 

①せどり(本やCDなどの転売)

 

②アフィリエイト(ブログ等で商品を紹介する)

 

③SOHO・クラウドワークス(自宅で業務を行う)

 

あたりは、定番です。

 

 

いずれも、上手に行えば、月数万~数十万になる可能性もあります。

 

軌道に乗って、本業に発展する人もたくさんいるようです。

 

 

この中で、最近、注目の③SOHO・クラウドワークスは、特に、主婦の方に「おススメ」の副業です。

 

 

業務内容も自宅で完結することも多いようです。

 

「SOHO・クラウドワークスには、どんな種類があるの?」

 

ライター・データ作成・文字起こし~秘書・経理事務まで、レパートリーは豊富です。

 

かなり、高額な案件から、100円レベルのものまで幅広いです。

 

基本的には、報酬と、難易度・拘束は比例される傾向にありますので、高額案件をご希望の場合は、それなりの知識・スキルが要求されますし、終了するまでの時間がかかってしまうことはご注意ください。

 

 

 

「どこのサービスを利用すべきか?」

 

やはり、最初は、大手のサービスにしましょう。

 

 

・クラウドワークス

 

 

・ランサーズ

 

 

こういった大手ですと、クライアント企業の審査もしていますので(完璧ではないでしょうが・・)、詐欺被害にあう可能性は低くなります。

 

案件も豊富です。

 

 

また、報酬の授受も、間に入ってくれますので、仕事を完了したのに、報酬を支払ってもらえない!というリスクは、大幅に減ります。

 

 

「詐欺に注意!!」

 

とにかく、先には「費用」が発生する!という案件は、避けましょう!!

 

登録料・〇〇機械を購入(高額)・保証料

 

といった類いが出てきたら、パスです!!

 

機械類の購入も、仮に詐欺ではなくても、たくさん業務をこなさないと、元手を回収できないようなケースでは、ダメです。

 

その業務を、継続的・長期的に行える保証はありません。

 

「まずは、自分のデータを細かく・たくさん書きましょう!」

 

初めに、クラウドワークスのサービスを登録・利用する際に、自分のパーソナルデータを入力します。

 

ここは、かなり細かく・たくさん書きましょう!

 

実績のない初心者にとって、このパーソナルデータは生命線です。

 

るクライアントが初心者に依頼する際には、このパーソナルデータを重視する傾向にあります。

 

最初から、高度な知識・ノウハウ・スキルをお持ちでしたら、初心者でも、クライアントから、高額オファーをしてくるケースもあります。

 

管理人も「法律案件で・・・」と高額なオファーをいただいたことがあります。

 

 

「つぎは、簡単な「タスク」から始めてみましょう!」

 

最初は、

 

感想を200文字書いて100円!

 

といった案件から始めることをおススメします。

 

高額案件は、ライバルが多くいますので、なかなか受注できない傾向にあります。

 

また、実際に、業務を行ってみたら、

 

難しい・・・

 

自分には向かない・・

 

時間がかかる・・・

 

時間が取れない

 

となった場合、依頼を受けた業務を途中で止めてしまうと、信用に傷がつき、今後の受注は困難になる可能性があります。

 

また、自分自身でも精神的に落ち込んでしまうかもしれません。

 

まずは、低いハードルからチャレンジして、成功体験を身につけましょう!

 

 

「そして!!」

 

簡単な案件をコツコツとこなし、自分に自信をつけ、業績も築いたら、いよいよ、高額案件にチャレンジです!!

 

実績を残してきましたので、受注の際に、ライバルに勝つ可能性も、かなり出てきますね。

 

また、もっと、ニッチ・特化した、クラウドワークスサービスのサービスを利用するのもよいでしょう。

 

たとえば、単に、掲示板で、クライアントと受注者の間をとりもつだけ!というようなサービスの場合、トラブルの不安もありますが、逆に報酬が高額なケースも多いです。

 

 

「まとめ」

 

・クラウドワークスのサービスを上手に活用しましょう!

 

・簡単な案件から始めてみましょう!

 

・経験を積んだら、高額案件にもチャレンジ!