読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

副業・起業・節約・投資・マネー・法律・ビジネスの裏技ブログ

AFP&経営法務コンサルタントが実践的な副業・起業・節約・投資・マネー・法律・ビジネスの情報を発信していきます。

協会ビジネスモデル・仕組みとは?!③

起業・ビジネス

f:id:turutaka2015:20170207170013j:plain

「協会ビジネスモデル・仕組みで、お客(生徒)から見たメリット・特典は?!」

 

メリットがなければ、誰も、入学・入会しませんね。

 

「〇〇セラピストアカデミー」

 

「メリット」

 

・〇〇セラピスト検定の受験資格を得る

 

・上級講座の受講資格を得る

 

・その資格が有名・オーソライズ化されていればステータスになる

 

(実益がある。Ex.就職試験にプラスになる。英検1級を持っている!!!とか。)

 

・向学心を満たせる

 

 

「〇〇セラピスト協会」

 

「メリット」

 

・会報誌がもらえる(最新情報)

 

・サロン・ショップの開店の相談・フォローをしてもらえる

 

・スクール開校の相談・フォローをしてもらえる

 

・就職先を紹介してもらえる

 

といったメリット・特典を手にすることができます。

 

 

「協会ビジネスモデル・仕組みの運営上のコストは?!」

 

課金ポイントは分かったかと思いますが、コスト面はどうなるのでしょうか?

 

「〇〇セラピストアカデミー」

 

・教材費(レジュメの紙ペラだけ!とかにすると、高級感が出ず、講座価格をUPできません)

 

・広告費・家賃(どのビジネスでも必須)

 

・人件費(これが高い!!)

 

WEB広告を出して、WEBで申し込みを受け付けるWEB完結型の場合、どうしても、講座価格は「定額化」してしまいます。

 

10万・20万~50万・100万レベルになりますと、どうしても、営業マンによるサービス説明・営業トークが必須となります。

 

逆に、携帯電話型モデルにして、WEB完結型の廉価モデルにして、協会の年会費で課金するモデルも「あり」かと思います。

 

 

「〇〇セラピスト協会」

 

・会報誌の発行(送付)費用

 

・広告費・家賃(どのビジネスでも必須)

 

・人件費(少人数で運営可能)

 

といったところでしょうか?

 

続きは明日の④へ