読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

副業・起業・節約・投資・マネー・法律・ビジネスの裏技ブログ

AFP&経営法務コンサルタントが実践的な副業・起業・節約・投資・マネー・法律・ビジネスの情報を発信していきます。

株主優待をタダ取りする必殺ワザ!! それが「クロス取引」だ!! 前編

投資

f:id:turutaka2015:20170317173909j:plain

 

クロス取引とは?!」

 

「現物買い」+「信用売り」を同時にすることです。

 

この「クロス取引」をすれば、権利落ちでの株価下落のリスクを回避できるという裏ワザなんです。

 

株主優待狙い投資のリスクが「権利落ち(権利確定日翌日の株価下落のこと)」です。

 

もちろん、株式市場の地合いが良い・業績がよい・人気の銘柄であれば、株価が一時的に下落しても再び株価が上昇していく可能性は高いです。

 

ですが、確実に、株価が戻るとは限りません。

 

そこで、この「クロス取引」という手法を使って、権利落ちでの株価下落リスクを回避しつつ、「株主優待特典」を獲得するのです。

 

 

クロス取引の詳細?!」

 

クロス取引(「つなぎ売り」)とは、現物株を買うと同時に、「信用取引」で同じ銘柄を「空売り」することです。

 

これによって、株価が、上がっても下がっても、価格変動による損得が発生しません。

 

 

株価500円→450円

 

「買」-50円

 

「売」+50円

 

トータル0円

 

 

 

株価500円→550円

 

「買」+50円

 

「売」-50円

 

トータル0円

 

というように、株価がどっちに動いても±0円になる理論です。

 

具体的には

 

① 

権利付き最終日の市場が開く前に「現物買い」と「信用の売り」を成行きで発注します。

 

翌営業日に「現渡し」で決済すれば、取引は終了です。

 

 

取引自体は難しいことはないですね。

 

 

続きは明日の後編へ