読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

副業・起業・節約・投資・マネー・法律・ビジネスの裏技ブログ

AFP&経営法務コンサルタントが実践的な副業・起業・節約・投資・マネー・法律・ビジネスの情報を発信していきます。

借金・ローン返済の裏技?! 借金・ローン返済を踏み倒す!③

法務・法律 起業・ビジネス

f:id:turutaka2015:20170209170041j:plain

 

「裁判のコストとリスクと利益」

 

裁判は、債権額の多寡と作業が比例しません。

 

「コスト」

 

10万だろうが10億だろうが、あまり手間は変わりません。

 

そうなると、裁判に発展して、訴状・準備書面を作成して、出廷して・・・

 

なんてするくらいなら、要求額を減額して「和解」にした方が経済効率上「有効」なんです。

 

書面1枚(事務員が作成?)作るだけなので、ものの30分もかかりません。

 

「リスク」

 

さらに、裁判になると、「敗訴」する可能性も出てきます。

 

敗訴リスクを考慮したら、要求額を減額して「和解」にした方が「お得」ですね。

 

 

「利益」

 

全面勝訴して、要求額の満額を取れれば、成功報酬を考慮すれば利益アップします。

 

 

「結論」

 

コスト・リスク・利益のバランスを考えると、やはり「訴訟」を回避するでしょう。

 

くだんの例で言いますと、

 

満額25万・和解額15万ですが。

 

「訴訟の場合」

少額訴訟で1日で決着したとしても、準備を含めて、作業は1日分といったところでしょうか?!

 

着手金3万+成功報酬30%=10.5万(報酬)

 

「和解の場合」

 

作業は1H。

 

着手金3万+成功報酬30%=合計7.5万(報酬)

 

和解を1日2本こなせば、15万(2Hで)です。

 

敗訴リスクも感がえれば、どちらが良いかは明白ですね。

 

 

「交渉カード」

 

というわけで、事業会社も弁護士・司法書士も「裁判」はしたくありません。

 

そこで「交渉カード」として「訴訟」をチラつかせるのは有効な手段でしょう。

 

 

「まとめ」

 

・債務の内容によっては「ダダ」をコネれば「債務免除」になる可能性もある

 

・誰も裁判にはしたくないという心理を逆手に取る!