読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

投資・起業・副業・節約・法務を研究するブログ

トリセツ:AFP・経営法務コンサルタントが投資・起業・副業・節約・法務の情報を発信。発想のきっかけとなればうれしいです。

安い・お得な個人賠償責任保険活用法 自転車事故にも適用 火災保険・クレジットカード付帯もあり

http://uxlayman.hatenablog.com/entry/2017/01/26/insentens

広告

f:id:turutaka2015:20170322123313p:plain

 

「個人賠償責任保険とは?」

 

ファイナンシャルプランナーでありながら、なるべく「保険」には入らない方がいい!というスタンスのぼくですが、例外の1つが、この「個人賠償責任保険」です。

 

これは、かなりのオススメです。

 

内容ですが、

 

簡単に言いますと、

 

「医療保険」「がん保険」「火災保険」「損害保険」といった、既存の保険でカバーされていないトラブルをカバーする保険です。

 

社会の急激な変化に対応できないのは、なにも人間だけではありません。

 

保険商品も対応できません。。

 

 

自転車での交通事故で死亡・大けが、相手へ数千万円の損害賠償!

 

放課後、サッカーをしていた小学生のサッカーボールが、敷地外に飛んで行き、とおりがかりの老人に当たり転んで死亡、相手へ数千万円の損害賠償!

 

飼い犬が散歩中に、突然、第三者に吠えたら、その方が倒れて大けが、相手へ数千万円の損害賠償!

 

とかとか、よくニュースで耳にしますよね?

 

こういう事故・トラブルは、いままで、想定しなかったので、既存の保険商品では「適用」されないのです。

 

そこで、幅広くカバーするのが、「個人賠償責任保険」なんです。

 

 

mocha-afp.hatenablog.com

 

 

「お得な理由:その① 補償範囲が広い!!」

 

 


・高校生がスマホを操作しながら自転車を運転していて、歩行者とぶつかりケガ・後遺症 

が残った。



・散歩中の飼犬がとおりがかりの子どもに突然かみつき、後遺障害を負わせてしまった。


・買い物中に店内の高額商品とぶつかり破損してしまった

 

・パーティで、他人のドレスにワインをかけてドレスを汚してしまった

 

・子供が、野球をしていたら、ボールが他人の窓ガラスを割ってしまった

 

・子供が自転車を走行中に他人の自動車を傷つけてしまった

 

・子供が喧嘩をして、相手の子供に怪我を負わせてしまった

 

・マンションで水漏れ事故を起こして、下の階に漏水させてしまった

 

・ゴルフで打ったボールが他人にあたり怪我をさせてしまった

 

等等。

 

一例ですが、かなり広範囲ですよね?

 

逆に言いますと、これらの事故・トラブルは、身の回りで起こりそうなのに、保険が適用されないのです・・

 

 

 

「お得な理由:その② 補償される人の範囲が広い!!」

 

補償される人の範囲ですが「生計をともにする同居の親族」です。

 

・本人

・配偶者

・同居の親族

(本人またはその配偶者と生計をともにする)


・別居の未婚の子
 (本人またはその配偶者と生計をともにする。仕送りを受けている大学生とか。)

 

 

と広範囲ですよね?!

 

原則、家族の誰かが加入してれば、家族全員がカバーされます。

 

補償額も、保険会社によって異なりますが、数千万~1億円程度の高額な補償額となっている商品が多いです。

 

 

「お得な理由:その③ 保険料が安い!!」

 

保険料が安いです!

 

保険料の相場は、月額100~200円ですね。

 

それで、補償額が数千万・1億・無制限と高額補償です。

 

また、保険によっては、保険会社が示談交渉までも行ってくれるケースもあります。

 

 

「どうやって加入する?!」

 

個人賠償責任保険は、「自動車保険」「火災保険」「損害保険」の特約として加入することができます。

 

ぼくも、「損害保険」の特約で加入しています。


まずは、現在、加入している「保険」を確認してみましょう。

見落としがちなのが、クレジットカードです!

 

こちらも、「個人賠償責任保険」が付帯されているケースがありますので、要確認です!

 

 

「まとめ」

・個人賠償責任保険は、身近な事故をカバーできる・家族も適用・高額補償・保険料安いとコスパがすばらしい!

 

・加入している保険・クレジットカードで、すでに、加入している可能性があるので、まずは確認!

 

mocha-afp.hatenablog.com