企業法務・マネー・お得情報研究所

経営法務コンサルタント・AFP・元法務部員がマネー・お得ネタ・企業法務の情報を発信します。

埼玉県では、自転車で違反をすると警察からレッドカードをつきつけられる!!

http://uxlayman.hatenablog.com/entry/2017/01/26/insentens

広告

f:id:turutaka2015:20170322123313p:plain

 

「埼玉県では、自転車の違反は、レッドカード!!」

 

昨日の夕方、うちの奥さんが、買い物から帰宅すると、

 

「さっき、自転車に乗ってたら、警察に呼び止められ、無灯火を注意され、レッドカードをもらった! まだ、薄暗い程度だったのに。これはどういうこと?」

 

と、調査を指示されました。

 

f:id:turutaka2015:20170327125028j:plain

 

たしか、2年前の道路交通法改正で、一定期間に違反を2度すると有料講習を受けに行く必要があったような・・・

 

うろ覚え!!

 

調べてみると・・・

 

 

「レッドカードと赤切符は別物?!」

 

調べました~

 

どうやら、「レッドカード」と「赤切符」は別物のようです。

 

 

「赤切符とは?」

 

3年以内に2回交付されると3時間ほどの有料講習(受講料5700円)を受講する義務あり。

 

受講しないと、5万円以下の罰金刑となる!!

 

対象となる違反行為は、次の14です。

 

 

1.信号無視

2.通行禁止違反

3.歩行者用道路における車両の義務違反(徐行違反)

4.通行区分違反

5.路側帯通行時の歩行者の通行妨害

6.遮断機が降りた踏切への立ち入り

7.交差点安全進行義務違反など

8.交差点優先車妨害など

9.環状交差点での安全進行義務違反など

10.指定場所一時不停止違反など

11.歩道通行時の通行方法違反

12.制動装置(ブレーキ)不良自転車運転

13.酒酔い運転

14.安全運転義務違反

 

自転車運転中のスマホ・イヤホン装着も赤切符対象です。

 

赤切符は、その場で交付されます。

 

 

「レッドカードとは?」

 

 

赤切符とは別物です。

 

こちらは、受講義務は発生しないようです。

 

うちの奥さんも、警察官からレッドカードをもらう際に

 

住所・氏名・車両番号を控えられ、

 

「このレッドカードをよく読んでおいてください。 読み終わったら捨てても結構。」

 

と言われたそうです。

 

f:id:turutaka2015:20170327125035j:plain

 

「まとめ」

 

・自転車で違反をして「レッドカード」をもらっても罰則・講習の対象とはならない

 

・でも気をつけましょう!

 

 

mocha-afp.hatenablog.com