読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

投資・起業・副業・節約・法務を研究するブログ

トリセツ:AFP・経営法務コンサルタントが投資・起業・副業・節約・法務の情報を発信。発想のきっかけとなればうれしいです。

愛犬の誕生日!! いつか訪れる別れの日・・・ ペット葬儀の評判は?費用は?

http://uxlayman.hatenablog.com/entry/2017/01/26/insentens

広告

f:id:turutaka2015:20170329172638j:plain

 

「昨日は、愛犬の7歳の誕生日!!」

 

ちっちゃなワンちゃん用ケーキを買ってきて、お祝いしました。

 

ケーキの写メを撮ろうと確認したら・・・

 

もう食ってるやないか~い!!

 

食い意地の張った男です!

 

f:id:turutaka2015:20170329172656j:plain

 

「7歳のワンちゃんとなると・・・」

 

人間だと44歳とか?!

 

立派な中年です!

 

ぼくとほとんど同い年!!

 

ぼくも、身体のあちこちにガタが来ていますが、そこはワンちゃんもいっしょ。

 

先日は、歯石を取り、生まれつき股間が弱いせいか、たまに足を引きづったり・・・

 

 

「いつかは訪れる別れの日・・・」

 

平均寿命が延びているワンちゃん業界とはいえ、いつかは分かれはやってきます。

 

最近は、テレビ番組で、ワンちゃんの死別シーンを見れば、もちろん!


数日いっしょに過ごしただけなのに、別れを見ると、涙が止まりません・・・

 

涙腺がユルユルです・・・

 

飼い主の責任として、しっかり看取り、送り出せねば・・・

 

縁起でもないですが・・

 

 

「ペットの「葬儀」とは?!費用や評判が気になります・・」

 

 

ニュース等で、ペット葬儀屋が、そのまま、山に投棄している!とか報道されていて、あまり印象・評判が良くない感じが・・・

 

調べてみると・・・

 

流れはこんな感じのようです。

 

①ペットが亡くなったら、ペット葬儀屋に連絡

 

②ペット葬儀屋が自宅へ来る

 

③ペットを棺に入れる

 

④祭壇を作ったり・お葬式(儀式)をする(プランによって異なる)

 

⑤火葬する。

 

葬儀会社により

 

「一匹ずつ火葬する」

 

「立ち合いたい」

 

「ペットの葬儀会社にお任せする」

 

などとなる。

⑥返骨・納骨・埋葬

 

かなり本格的ですね・・・

 

ぼく自身は、そのへんで焼いて、畑にでも撒いておいてくれればいいくらいなので、ワンちゃんの方がゴージャスそうです。

 

f:id:turutaka2015:20170329172647j:plain

「ペットの葬儀の料金は?」

 

人間の葬儀と同様に、ペットの葬儀も「料金」の差はかなりあるようです。

 

ピンキリです。


ペット独自の問題は「大きさ」によっても料金が変わりことのようです。

 

たしかに、人間だと、サイズによって値段が違う!なんて聞いたことないですね・・

 

トリミングでも、犬種ごとに値段が違いますし、同じロジックでしょうか!?


火葬の方法にも種類があるようです。

 

①他のペットと一緒に焼いてもらう

 

②個別で焼く

 

③家族に看取られながら焼く

 

④移動式の火葬車で焼く。葬儀会社が家までくる。

 

などの方法があるようです。

①合同火葬がもっとも安いようです。

 

でも、どの骨が、うちのワンちゃんなの?にはならないのでしょうか?!

 

 

「葬儀の具体的な料金例」


ペットの葬儀会社が引き取って火葬・埋葬までを行うプランの場合。

 

ハムスターなどの小動物でしたら1万円程度で葬儀をすることができるようです。

逆に、

 

「きれいに処置をし、納棺をしてお別れ式もしたい。

 仏壇も高級品を用意して、遺影を飾り・位牌もおきたい」

 

となると、30万近い料金になるようです?!

 

ピンキリですね・・・

 

ワンちゃん業界も「格差社会」到来ですね!

 

 

さすがに、戒名をつけたり、お坊さんが来て、読経はしないようですね。。

 

葬式に他人が来たら「香典」はもらえるのでしょうか?!

 

そもそも、喪服なのでしょうか・・・


「まとめ」

 

・来るべきお別れのときに慌てないように準備しましょう!

 

・料金はピンキリ

 

・ゴージャスさ料金は問題ではない! 飼い主の気持ちの問題!

 

 

mocha-afp.hatenablog.com