読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

投資・起業・副業・節約・法務を研究するブログ

トリセツ:AFP・経営法務コンサルタントが投資・起業・副業・節約・法務の情報を発信。発想のきっかけとなればうれしいです。

飲食店・流通業の人手不足解消のため東電・ゼンリンからメーカーまで!

http://uxlayman.hatenablog.com/entry/2017/01/26/insentens

広告

f:id:turutaka2015:20170404114554p:plain

 

「飲食店の人手不足解消グッズ」

 

今朝のおはよう日本で、特集されていたのが、ファミレスや飲食店で、店員さんを呼ぶ時に、おなじみの「ピンポ~ン」の呼び出しベル!!

 

取材をされていたメーカーは、あのテーブルに置いてある呼び出しベルの売上が6倍になっているそうです。

 

飲食店で呼び出しベルの導入が進んでいるようです。

 

理由は、人手不足により、少ない人数のスタッフで回すため。

 

そして、接客の教育・研修の時間も取れないためとのこと。

 

ぼくは、大声で、店員さんを呼ぶのが好きではないので、全飲食店で呼び出しベルを導入して欲しいくらいです。

 

 

「さらなる進化型の飲食店の呼び出しベルも登場!!」

 

新商品の呼び出しベルでは、「お会計」「注文」といったお客側の要望まで、店員にわかるという優れもの!!

 

やはり、人手不足を解消するための有効な手段は、生産性向上とイノベーション!

 

技術開発が進んでいますね。

 

 

「東電は地図のゼンリンと提携!!」

 

先週の土曜に放送された「マーケットアナライズ」でも取り上げられていましたが、東電と地図のゼンリンが、ドローン向けの空の3次元地図作りで提携することを発表しましたね。

 

ドローンが、電線・架線に衝突しないで飛行できるように、3次元の地図を作成する!

 

電線・架線を立体化して・・・

 

なんとも、未来チックな感じですが、技術の進歩・イノベーションのスピードが早いですね!

 

想像よりも早く、ドローンが、3次元地図を頼りに、宅配便を運んでくる時代が到来するのかもしれませんね。

 

 

「株式投資の材料として使える?!」

 

このような製品を製造しているメーカー・製品を導入する飲食店・東電・ゼンリン・関連企業の株価は、今後、上昇する可能性があるのではないでしょうか?

 

今朝のニュースでも企業の「人手不足」感の高まりが取り上げられていました。

 

人手不足トレンドは解消される見込みはありませんから、人手不足を解決するビジネスは、時代にマッチしています。

 

もちろん、技術開発に成功する!

 

そして、商品・サービスが売れる・普及する!

 

が前提ですが・・・

 

あとは、ニュース・新聞報道ではなく、早めにキャッチできれば、理想的ですね。

 

 

「まとめ」

 

・各企業も人手不足を解消するための努力を進めている

 

・人手不足を解消するビジネスは有望

 

・人手不足を解消しようとしている企業・解消ビジネスは株式投資の対象としても良い?!

 

・お店等の身近な場所にも、ビジネス・投資のヒントは落ちている?!

 

 

mocha-afp.hatenablog.com