初心者のためのマネー・お得・お役立ち情報

トリセツ:AFPがマネー・お得ネタの情報を発信しています。初心者の方にも分かりやすく!をポリシーにしています。

人気・おすすめの「株主優待」の利用方法 株主優待は金券ショップで買取?!販売相場は?

http://uxlayman.hatenablog.com/entry/2017/01/26/insentens

広告

f:id:turutaka2015:20170317173909j:plain

「別の視点から?!」

 

せっかく手に入れた「株主優待」ですが、利用しない場合は、どうすべきか?!

 

そもそも、利用しない「株主優待」をあえて狙うのも手では?!

 

自分のライフスタイル・生活圏では、利用・活用しないものの世間では「人気がある」

という「特典」もあります。

 

こういうタイプの「株主優待」を狙います!!

 

手法は、手に入れた「株主優待券」を金券ショップで買取してもらい、現金化してしまうう!

 

 

「ANA(全日空)の場合」

 

たとえば、ANA(全日空)です。

 

人気の「株主優待」銘柄ですね。

 

「株主優待」の特典は、1000株所有で、国内線の50%割引券がもらえます。

 

この割引券は、年末年始・お盆と言った繁忙期でも使えるのが魅力です。

 

最近、座席数に制限が設けられたようですが・・・

 

ただし!!

 

ぼくは「飛行機」にまったく乗りません!!

 

というか、飛行機恐怖症なので、乗りたくありません・・・

 

そんなときは、「金券ショップ」で買取してもらいましょう!

 

買取価格・販売価格の相場は、3000~5000円程度のようです。

 

 

「ANA(全日空)の株主優待を試算してみる」

 

ANAの株主優待の金額を試算してみます。

 

株価(3/17現在)351円×1000株=351,000円

 

配当(6円予定)×1000株=6,000円(配当利回り1.7%)

 

株主優待券:4,000円

 

配当+株主優待=10,000円(配当利回り2.8%)

 

となります。

 

「デメリット・リスクは?」

 

なんといっても、金券ショップの価格も受給で決定します。

 

買取希望者が殺到したり、特典の人気がない株主優待券ですと、買取価格が下落する可能性がありまので、ご注意を。

 

 

 

「まとめ」

 

・株主優待の特典で、利用しないものは、金券ショップで買取し、現金化!

 

・買取価格・販売価格が高値・安定しているのなら、金券ショップでの買取を前提として投資するのも「あり」!

 

・株主優待まで含めると利回りが高くなる銘柄も多い

 

・買取価格の下落リスクも検討しておく