読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

初心者のためのマネー・お得・お役立ち情報

トリセツ:AFPがマネー・お得ネタの情報を発信しています。初心者の方にも分かりやすく!をポリシーにしています。

法務実務講座 会社設立登記申請は自分で出来る? 設立手続きの要点・注意点のまとめ

http://uxlayman.hatenablog.com/entry/2017/01/26/insentens

広告

f:id:turutaka2015:20170208172000j:plain

 

「会社設立登記申請は自分でできる?」

 

最近は、書籍・ブログ・法務局のサイトと、情報が充実していますので、自分で設立登記申請を行うことも十分に可能かと思います。

 

中小企業の方で、法務部がない・司法書士への報酬を払いたくないといった方は、検討してみてはいかがでしょうか?

 

行政書士・司法書士に依頼しますと、報酬だけで10万単位でかかると思います。

 

最近は価格競争が激化しているので、安いところもあるようですが。

 

 

「会社設立登記までの流れ・注意点」

 

 

おおまかな流れは↓な感じでしょう。

 

①定款作成

 

②定款認証(公証役場)

 

③資本金の振込

 

④登記申請

 

⑤登記手続き完了(謄本・印鑑証明書取得可能)

 

 

といった流れでしょうか。

 

①定款作成ですが、定款・登記申請書(添付書類)の一式は、法務局の公式HPにフォーマットと記入例がありますので、これを見ながらで、ほぼほぼ作成可能かと。

 

http://houmukyoku.moj.go.jp/homu/COMMERCE_11-1.html#1-1

 

定款が完成したら、お近くの「公証役場」へチェックを依頼します。

 

電子定款という方法もあります。

 

公証役場へ定款をFAXするか、データをメールで送信します。

 

確認が終わると、連絡がきます。

 

ここを直してください!といった連絡です。

 

「②定款認証」

 

指示通りの修正が終わりましたら、3部を印刷・製本して、公証役場へ持参します。

 

手数料5.1~5.3万と収入印紙4万が必要です。

 

収入印紙は、公証役場では販売していないので、事前に用意しておきましょう。

 

「③資本金の振込」

 

②定款認証が終わったら、資本金を振り込みます。

 

 

発起名で発起人に振り込みます。

 

自作自演です。。。

 

振込が終わったら、通帳をコピーします。

 

会社(代表取締役)名で「確かに振り込まれました!」と書面を作成し、通帳のコピーを合綴します。(割り印)

 

小規模会社で、発起人1名(出資者)で代表代表取締役も兼ねるというケースですと、

 

自分の名前で、自分の口座に振り込み、自分で「入金あった!」と証明します。

 

自作自演のトリプルスリーです。

 

この資本金は、通帳のコピーを取ったら、出金してもOKです。

 

見せ金ですね

 

 

「④登記申請」

 

会社設立の登記申請は、「準則主義」になります。

 

簡単に言いますと、申請(提出)日=会社設立日になります。

 

事前にも事後にもできませんので、会社設立日にこだわり(暦とか)がある方はご注意を。

 

 

「⑤登記手続き完了(謄本・印鑑証明書取得可能)」

 

登記申請から、通常1週間~10日ほどで登記は完了します。

 

4/12に提出した際には、登記完了予定日が4/24となっていました。

 

f:id:turutaka2015:20170412130133j:plain

今は、法務局も混んでいるようです。

 

 

そして、この間に、申請書類に問題があった場合、法務局から修正に来い!と連絡があります。

 

修正があっても、申請(提出)日=会社設立日は、変更されません。

 

また、問題がない場合は、期日が来れば完了しています。

 

当選者の発表は商品の発送をもってかえさせていただきます。

 

登記の完了は、連絡なしということでかえさせていただきます。

 

登記が完了すると「登記簿謄本」「印鑑証明書」が取得できます。

 

また、「登記簿謄本」「印鑑証明書」を取得していくときは、ついでに「印鑑カード」を取得しておいた方が良いでしょう。

 

申請書を提出すればもらえます。(無料)

 

今後の印鑑証明書は、この印鑑カードを持参すれば取得できることになります。

 

 

 

「まとめ」

 

・会社設立登記申請は、法務局のHPなどを参照すれば自分でもできる!

 

・定款認証は公証役場で行う

 

・資本金の振込は違和感がある?

 

・登記申請は、提出日=会社設立日となる

 

・登記完了までは、登記簿謄本・印鑑証明書は取得できない

 

 

mocha-afp.hatenablog.com