企業法務・マネー・お得情報研究所

経営法務コンサルタント・AFP・元法務部員がマネー・お得ネタ・企業法務の情報を発信します。

相続手続きを自分でやってみる! 遺産分割協議書の作成~相続登記申請へ(郵送申請)

http://uxlayman.hatenablog.com/entry/2017/01/26/insentens

広告

f:id:turutaka2015:20170317142147j:plain

 

「放置・・・そして、新たな相続が・・・」

 

株・土地ともに期待が大きかったせいか、テンションの下がり方がハンパない・・・

 

結局、実入りが「2万」ということでは、動く意欲が・・・

 

ということで、放置状態に・・・・

 

 

そんな状態で、放置していると、数年後に、第2の相続が発生してしまう!!

 

相続人の1人が急死してしまったのだ。

 

ぼくの叔母である。

 

しかも、この叔母は、離婚歴があるのです。

 

戸籍の収集も大変になりますし、もし、別に子供がいると、遺産分割協議の手間が増えてしまいます・・・

 

ようやく、他の3人の相続人も、重い腰をあげ、相続手続きの開始!

 

 

「相続実務は、ぼくが行う!」

 

なぜなら・・・

 

以前、司法書士試験を目指した経験と、司法書士事務所での勤務経験があるため。

 

行政書士の資格も持ってるし・・・

 

まずは、戸籍収集から!!

 

これが、難航します・・・・

 

 

祖母の本籍地が「栃木県」のため、取得しに行くのが困難。

 

そのため、母名義で郵送にて取寄せ。

 

しかも、昔の戸籍は、字のクセがヒドい・・・

 

千鳥のノブの気持ちがわかります・・・

 

ぜんぜん、読めない・・・

 

数字を頼りに、なんとか読み進み、不足分を取り寄せること数回も・・・

 

 

「同時に遺産分割協議書の作成へ」

 

内容は、母の単独相続で、他の相続人には、土地を売却後に、現金を4等分する、というもの。

 

遺産分割協議書へ相続人の実印の押印・印鑑証明書の提出・現在の戸籍

 

を母経由で、提出を叔父・従妹に依頼する。

 

 

叔母については、叔母の死亡後に、後を追うように、義理の叔父まで亡くなり、1人っ子の従妹の単独相続となっていました。

 

叔母の1度目の結婚の際の戸籍を取り寄せて確認すると、子供がいないことが判明し、まずは一安心。

 

こちらも、古い&転籍を繰り返しているので、全部そろえるのに一苦労・・・

 

 

 

「相続登記の準備も開始!」

 

遺産分割協議書・印鑑証明書・戸籍の準備にめどがついたため、今度は、相続登記の準備へ。

 

こちらも、「数次相続」(祖母→叔母)が発生しているために、書き方の調べるのが大変・・

 

 

「相続登記の申請は郵送で!!」

 

なんとかかんとか、揃ったところで、ようやく相続登記申請・提出へ!

 

で、成田出張所ってどこ?

 

成田駅からバスで・・・

 

え~~ 成田なんて、海外旅行に行くときにスカイライナーでしか行かないよ~

 

法務局のサイトを読むと、「郵送受付可」となっていました!!

 

神の救い!!

 

迷わず「郵送」で申請書一式を送る!!

 

 

「成田の法務局から、ストーカーのようなTEL攻撃・・・」

 

何の修正もなく、一発で終わることはないだろう・・・と覚悟はしていましたが、そんな甘いものではありませんでした・・・

 

まずは、「除籍の附票」がない!!

 

これは、市役所が「保存年数を過ぎたので破棄して発行できない」というのが理由なんです。

 

事前に、法務局へTEL確認したときは、

 

「その旨、書いていただければOK」

 

とか言われていたのですが、

 

実際に提出してみると・・・

 

「相続人の同意書的なものを作成して欲しい!」

 

と・・・

 

追加作成し、送付しましたよ~~

 

 

すると、今度は、

 

戸籍のココとココの間が抜けている×3か所!!

 

急いで、取寄せて送付。

 

 

今度は、

 

遺産分割協議書の文言を加筆して欲しい!

 

祖母相続人叔母の相続人従妹

叔母の相続人叔父相続㊞従妹㊞

 

なんじゃこりゃ?!

2つの身分を持つ男として書いてくれ!とのこと。

 

もちろん、こちらも、書き直しました~

 

叔父連中にも、郵送で再度の押印してもらい郵送!

 

 

結局、相続登記が完了するまで、2か月近くかかってしまいました・・・

 

法務局の人は悪くないのですが・・・

 

 

せめて、古い戸籍も作成し直して欲しい・・・

 

字のクセがスゴイ・・・

 

ぜんぜん読めない・・・

 

そして、無事に「登記完了証」と戸籍一式が返却されて、相続登記は完了!!

 

「まとめ」

 

・相続手続きを放置していると、次々と相続が発生し、手続きは困難を極めるので放置すべきではない

 

・相続登記申請は郵送でも可能

 

 

mocha-afp.hatenablog.com

 

 

mocha-afp.hatenablog.com

 

 

mocha-afp.hatenablog.com