企業法務・マネー・お得情報研究所

経営法務コンサルタント・AFP・元法務部員がマネー・お得ネタ・企業法務の情報を発信します。

相続手続きを自分でやってみる! 株の名義変更は?! 放置しておくと売却されてしまう・・

http://uxlayman.hatenablog.com/entry/2017/01/26/insentens

広告

f:id:turutaka2015:20170317142147j:plain

 

「次は、株の名義変更へ」

 

法務局から返却された相続関係の書類一式に、証券会社の指定する「届出」を数枚プラスして「三菱UFJ信託銀行」へ郵送!!

 

今度こそ、一発で終わるはず!!

 

も・・・

 

 

「三菱UFJ信託銀行からTELがあり」

 

「お客様の株ですが、保管期限を過ぎたので、売却して現金化しています」

 

と!

 

しかも、底値で!!

 

今の株価なら、4万くらいだったのに・・・

 

まぁ、2万程度の違いなので、いいですけど・・・

 

こちらの手続き自体は、スムーズに進み、数日後には、母のBK口座へ2万数千円が、入金されていました。

 

これにて、長く戦いの日々も終了しました・・・

 

 

「結局、土地はどうするの?」

 

売り物にならない、成田の土地ですが、どうやら、祖母の兄→祖母という流れで、土地を分筆して、売ってもらったという事情が判明。

 

祖母の兄の子供(母のいとこ)に、土地を買取ってもらうように依頼するとのこと。

 

祖母の兄の子供(母のいとこ)は、その土地の近所に住んでますし、それがいいでしょうね。

 

 

 

「相続登記は自分でできるのか?!」

 

「相続人が大量にいる」

 

「相続人同士の仲が悪い」

 

「相続人が疎遠」

 

「数次相続」(何人も相続が発生している)

 

「離婚歴あり(別途子供がいる)」

 

「本籍地が遠方」

 

といった特殊な事情がなく、普通の相続で相続人も少人数であれば、自分でできると思います。

 

今は、本やWEBで情報は入手できます。

 

法務局のWEBサイトでは、フォーマット・書き方見本も充実しています。

 

また、法務局で、相談・質問にも乗ってくれます。

 

司法書士に依頼すると報酬だけで、10~20万とかかかりますしね。

 

単純な相続の内容なら自分で申請するの「アリ」かと思います。

 

ただし、複雑な内容だったり、不動産価格が高額な場合は、後日のトラブル回避のため、司法書士や行政書士に依頼した方が良いのではいでしょうか?」

 

この場合は、10~20万以上のコスト・損失が発生するかもしれませんし・・

 

 

「まとめ」

 

・相続は、少額な場合でも、速やかに済ませましょう。(税法的には、期限が決まっています)

 

・相続人が増加すると、手続きが、さらに厄介になります。

 

・簡単な内容なら自分でも可能。

 

・複雑・高額なら、専門家へ相談を。

 

 

mocha-afp.hatenablog.com

 

 

mocha-afp.hatenablog.com

 

 

mocha-afp.hatenablog.com