企業法務・マネー・お得情報研究所

経営法務コンサルタント・AFP・元法務部員がマネー・お得ネタ・企業法務の情報を発信します。

宅建士・FP2級・行政書士試験の合格者が教える 40代会社員が資格試験に合格する方法① 学習開始前にすべきこと

http://uxlayman.hatenablog.com/entry/2017/01/26/insentens

広告

f:id:turutaka2015:20170314105400j:plain

「会社員・ビジネスマンは、効率的に資格学習を進めましょう!」

 

会社・ビジネスマンは、時間が限られているので、効率的に資格学習を進めて資格を取得ししょう。

 

邪道な方法も辞さず?!

 

 

「ぼくの資格学習の記録・資格取得の実績」

 

 

  学習期間 1日あたり 費用   結果
国家公務員2種 3か月 3~5時間 5000円 過去問・テキスト
司法試験 3年 10時間以上 100万以上 受験学校の講座受講・各種本 ×
行政書士 1か月 1時間 5000円 過去問・テキスト
宅建士 1か月 1時間 5000円 過去問・テキスト
FP2級 1か月 1時間 5000円 過去問・テキスト

 

司法試験は合格しませんでしたが、いわゆる「中小型資格」は取得できました。

 

ちなみに、ぼくは、私立三流大学卒の凡人です。

 

 

「40代会社員はムダなことはしない!」

 

時間がないので、最短コースで進みましょう!!

 

①試験の全体像を分析する(科目ごとの点数・必要な学習時間・配点・合格点・合格率等)

 

合格に必要な学習時間数を算出しましょう。

 

合格ラインギリギリでOKです。

 

満点を目指すことはやめましょう!

 

②自分のライフスタイルから、学習時間がどれくらい捻出できるのか?を算出する

 

まとまった学習時間が取れるとすると、夜・休日がメインになりますでしょうか。

 

会社員ですので、残業・飲み会・家族サービスで、計画通りに時間が取れないことも計算しておきましょう。

 

③独学の場合は「教材」を揃えること

 

 資格学校の場合でしたら、「講座」を申し込むことです。

 

④スタートしましょう!

 

⑤修正・微調整は必ず行いましょう!!

 

いきなり始めちゃいます。。

 

ちょっと乱暴でしょうか?

 

いえいえ、時間がないのですから、完璧な学習計画・分析に時間をかけることはやめましょう。

 

ある程度の計画が出来たら、始めてしまいましょう。

 

 

「資格学校」に通うのでしたら、学校の指示・カリキュラムにしましょう。

 

最初は、余計なことはしないようにしましょう。

 

 

 

「40代会社員学習法:学習計画は、ほどほどに?!」

 

独学の場合、一般的には、きちっとした「学習計画」を立てて・・

 

ということになるのでしょうね。

 

普段の仕事・ビジネスでも、計画書を作成するクセがついていますし。。。

 

ですが・・・

 

会社員・ビジネスマンだと、仕事や家庭もありますので、なかなか、計画どおりには進みません・・・

 

あまり、タイト・細かい学習計画だと、学習計画を守ることが目的化したり、振り回されることになりかねません。。。

 

学習計画が守れない・進まないとストレスになったり。。。

 

それが原因で、資格取得を断念したり。。。

 

デメリットが、いろいろ見えてきます。。。

 

発想を転換しましょう!!

 

学習計画に時間をかけるよりも、とりあえず始めてみて、進みながら、調整していく!!

 

こちらの方が合理的・実践的ではないでしょうか?!

 

 

「まとめ」

 

・時間が限られている会社員は、資格学習も最短距離で!!

 

・試験の概要・自身のライフスタイルから、そこそこの学習計画を立てる

 

・学習計画は、完璧・詳細なものに拘らない

 

・学習計画は、振り回されない

 

・まずは、資格学習を始めてみることから

 

 

mocha-afp.hatenablog.com

 

 

mocha-afp.hatenablog.com

 

 

mocha-afp.hatenablog.com