企業法務・マネー・お得情報研究所

経営法務コンサルタント・AFP・元法務部員がマネー・お得ネタ・企業法務の情報を発信します。

株式投資初心者向け?「貸株サービス」② 貸株サービスメリット・デメリット・リスク こんな方におすすめ?!

http://uxlayman.hatenablog.com/entry/2017/01/26/insentens

広告

f:id:turutaka2015:20170314173652j:plain

 

「貸株サービスの4つのメリット」

自分の持っている株式を貸株として貸し出す「貸株サービス」のメリットは、保有中の株式を預けることで金利がもらえるとともに、いつでも売却できることです。

 

その他の具体的なメリットは次になります。

貸株サービスのメリット①:金利がもらえる」

貸している期間によって、証券会社から金利がもらえます。

 

通常は、年0.1%から1%位です。

 

なかには、10%から20%という高金利の銘柄もあります。

 

「貸株サービスのメリット②:配当金がもらえる場合がある」

原則として、配当金はもらえません。

 

ただし、証券会社によっては、もらえるケースもあります。

 

もらえる場合は、源泉徴収されている配当金の額と、同等の金額を受け取ることが出来ます。

 

証券会社によって設定が異なる場合がありますので、証券会社に確認しましょう。

 

 

「貸株サービスのメリット③:株主優待がもらえる

 

配当と同じく、原則として、もらえません。

 

ただし証券会社によっては「その期間だけ返してもらう」という設定ができる株主優待自動取得サービスというサービスをしている証券会社が多いです。

 

それを設定すれば、

 

権利日(株主優待がもらえる日)の直前で貸株を解除

株主優待取得時は自分の名義

権利日や指定された日が過ぎると、自動的に貸株扱いに戻る

 

という流れになるところが多いようです。

 

 

「貸株サービスのメリット④:配当金・株主優待・金利のトリプルスリーがもらえる

 

株式銘柄・証券会社によっては、配当金・株主優待・金利のトリプルスリーをもらいながら資産運用できるケースがあります。

 

 

「貸株サービスの5つのデメリット」

 

お得なことが多い「貸株サービス」ですが、良いことばかりではありません。

 

デメリット・注意点・特徴があります。

 

 

 

「貸株サービスのデメリット①:税金の扱い

証券会社から得た利息は、雑所得となり年間20万円を超えた場合は確定申告をする必要があります。

 

特定口座で株式運用をしている場合、配当でしたら、税金が徴収されて、他の手続きは不要ですが、貸株サービスの金利では扱いが異ります。。。

 

 

「貸株サービスのデメリット②:配当金・株主優待の設定」

証券会社によっては、配当金・株主優待がもらえない可能性があります。

 

また、証券会社によっては、手動で設定する必要も出てくる証券会社があります。

 

手間がかかりますので、保有している銘柄が多い方には、大きなデメリットになりでしょう。

 

「貸株サービスのデメリット②:信用取引口座」

 

証券会社によっては、信用取引口座を持っている場合は、貸株を利用できない!とするケースがあります。

 

信用取引口座を解約すれば大丈夫なのですが、信用取引口座を利用して資産運用している方には要注意ですね。。

 

 

「貸株サービスのデメリット③:長期株主優待」

銘柄によっては、「〇年以上連続して保有」という条件をクリアすると、長期特典がもらえる株主優待銘柄があります。

 

貸株サービスを利用すると対象外になるケースもあります。。

 

売買タイミングによって扱いが異りますので、証券会社で確認しましょう。

 

 

「貸株サービスのデメリット④:証券会社の破綻」

利用している証券会社が万が一破綻した場合は、保証されません。。。

 

 

「貸株サービスのデメリット⑤:NISA口座の株式

NISA口座の株式は貸株サービスが利用出来ません。。。

「貸株サービスのリスク

金利の変動頻度が多いことと、金利の変動の幅大きいことがあげられます。

 

さらに、株価は下落している・する可能性が高いケースが多いです。。。

 

ですので、貸株金利を目当てとした投資は、非常にリスキーです・・・

 

 

「こんな方にオススメ?!」

 

・配当や株主優待目当て、長期保有目的等、売却するつもりがない方。

 

・所有していた株が、株価下落などで、貸株金利が上昇してきたケース

 

売るつもりはないが、貸株金利が上昇してきたので、ついでに、貸株金利をもらっておこう!という方でしたら、有用な制度かもしれません。。

 

 

「まとめ」

 

・貸株金利を目当てとした運用はハイリスク

 

・売却する予定のない銘柄なら、利用するのも「あり」かも?!

 

・利用する場合は「配当」「株主優待」の有無についても確認しましょう

 

 

mocha-afp.hatenablog.com

 

 

mocha-afp.hatenablog.com

 

 

mocha-afp.hatenablog.com

 

 

mocha-afp.hatenablog.com

 

 

mocha-afp.hatenablog.com