企業法務・マネー・お得情報研究所

経営法務コンサルタント・AFP・元法務部員がマネー・お得ネタ・企業法務の情報を発信します。

マンションを借りるのなら、UR賃貸がおすすめ?!⑤ UR賃貸は、物件のイメージ~実際?

http://uxlayman.hatenablog.com/entry/2017/01/26/insentens

広告

f:id:turutaka2015:20170315161216j:plain

 

「UR賃貸のイメージ~実際」

 

 

ぼくらのような古い世代は、公団住宅時代から、UR賃貸には、こんなイメージを持っている方が多いのではないでしょうか?

 

「古い」

 

「汚い」

 

「狭い」

 

「安い」

 

「へんぴ・遠い」

 

 

実際は、UR賃貸マンションは、どんな感じかというと、

 

 

「新しい(新築・築浅)」

 

「ゴージャス」

 

「広い」

 

「高い」

 

「都心・駅近・駅直」(もあり)

 

という感じではないでしょうか?

 

 

 

「従来のイメージ通りのUR賃貸マンションも健在」

 

もちろん、従来のイメージどおりの「郊外・築50年 〇〇団地・〇〇ニュータウン」といった物件も、今でも、健在していますね。

 

 

「最近の都心物件は、タワーマンション・億ション?!」

 

最近の都心物件ですと、まったく「逆」です。

 

 

物件によっては、山手線の駅直結物件・タワーマンション・都心一等地などのマンションもあります。。。

 

家賃も、けっして、安くはありません。。

 

もっとも、家賃が「高い」というのは、額面の家賃金額が「高い」という意味です。

 

 

平米単価・坪単価で計算したり、スペックを考慮して計算すると安くなりますので、実質的には「安い」ですね。。。

 

たとえば、同様のスペック物件で、一般・民間の相場が「20万」なのに、UP賃貸だと「15万」になるという感じです。

 

個人的には、

 

だったら、狭い・スペックを落として、10~12万の物件を供給して欲しいのですが。。。

 

高級・ハイスペックのマンションを、お値打ち価格で提供!というのがUR賃貸のコンセプトなのでしょうか?!

 

 

「まとめ」

 

・UR賃貸では、「高級」「ハイスペック」な物件も多数あり。

 

・UR賃貸の「高級」「ハイスペック」な物件は、単価が安く設定されているケースが多数あり。

 

 

mocha-afp.hatenablog.com

 

 

mocha-afp.hatenablog.com