初心者のためのマネー・お得・お役立ち情報

トリセツ:AFPがマネー・お得ネタの情報を発信しています。初心者の方にも分かりやすく!をポリシーにしています。

固定残業・定額残業代制度のメリットとデメリット? 合法?違法?①

http://uxlayman.hatenablog.com/entry/2017/01/26/insentens

広告

f:id:turutaka2015:20170314105400j:plain

 

「固定残業代制・定額残業代制とは?」

 

なんだか、どこぞのスマートフォンのプランのような響きですね。

 

簡単に言いますと、毎月一定の残業代(時間数)を支給する。

 

仮に、実際の残業時間が支給する残業代(時間数)よりも、少なくも残業代が減額されることはありません。

 

逆に、実際の残業時間が支給する残業代(時間数)を上回る場合は、追加で、残業代を支払う必要があるというもの。

 

これは、一般的に、「固定残業代」「定額残業代」と言われ、一定の残業を見込んで「手当」として支給するという給与体系・給与制度です。

法律に定めた要件どおりに、制度が設計・運用されていれば、合法とされています。

 

 

「会社側の表のメリット・デメリットは?」

 

メリットは、人件費を予算化できる点でしょうか?

 

デメリットは、作業効率の低下(残業しなくても残業代が出るため)、実際の残業時間が支給時間数を下回る状態が続けば、人件費が事実上増加(払い過ぎ)することになります。

 

 

 

「弁護士から、内容証明郵便が届く」

 

以前、こんなことがありました。

 

クライアントから「至急、相談したいことがある!」と連絡があり、急行してみると。。。

 

弁護士からの「内容証明郵便」が届いていました。。

 

内容は、退職した元社員から「残業代の不足分54万を支払え!」というものでした。

 

 

「この会社の給与体系は、固定残業代制・定額残業代制だった!?」

 

元社員の給与明細や給与体系を確認すると、案の定「固定残業代制・定額残業代制」でした。。

 

クライアントに確認したところ、

①事業はサービス業

 

②毎月定額の残業手当+残業代20時間分を支給している

 

③実際の残業時間のオーバー分は支払っていない

 

とのこと。

 

そして、先方の弁護士は、退職前の20か月間の③分が54万あまりになるので払え!

 

と主張してきていました。

 

しかも、タイムカードのコピーを持っている!と準備万端な状態。

 

なんだか、雲行きが怪しい感じです・・・

 

 

明日の②へ続く

 

 

mocha-afp.hatenablog.com

 

 

mocha-afp.hatenablog.com

 

 

mocha-afp.hatenablog.com