企業法務・マネー・お得情報研究所

経営法務コンサルタント・AFP・元法務部員がマネー・お得ネタ・企業法務の情報を発信します。

坊主に残業代を支払う? 東本願寺、門徒世話の2僧侶に時間外賃金未払い お寺と雇用について

http://uxlayman.hatenablog.com/entry/2017/01/26/insentens

広告

f:id:turutaka2015:20170313143622j:plain

「坊主に残業代を支払う?!の衝撃」

 

以前、このようなニュースが報道されました。

 

「真宗大谷派の本山・東本願寺が、門徒の世話をしていた男性僧侶2人に、時間外労働の割増賃金の一部を支払っていなかったことが分かった。」 同派は、2013年11月~今年3月の不払い分と延滞金計約660万円を支払った。」

とのこと。

 

何が衝撃なのでしょうか?!

 

 

 

えっ?! 

 

お坊さんって、お寺の労働者なの?

 

お寺と雇用契約を結んでいたの?!

 

という点です。

 

なにせ、無知なもので・・・

 

 

「お坊さんの法的な立場・身分・契約関係を考えてみると・・・」

 

たしかに、お寺とお坊さんとの関係って、他にないのですよね・・・

 

個人事業主でもないし・・・

 

業務委託契約?

 

委任契約?

 

でもなさそうだし・・・

 

「修行」の法的な位置がわからないです?!

 

 

 

「今回のお坊さんは、お世話係?研修?」

 

どうやら、この件の場合は、「修行僧」ではなく「若いお坊さんのお世話係、研修・指導担当」といった管理職的な立場のお坊さんだったようです。

・1973年に労働者代表と結んだ覚書で、補導に関しては「時間外労働の割増賃金は支給しない」と定めていた。 ・同派は16年1月分から、毎月一律23時間分の時間外労働の割増賃金を支払うようになった。

 

・同派とユニオンの団体交渉がまとまり、今月24日までに協定を締結。

 

・請求者の2人については、雇い止めにした。

 

この事情からすると、雇用関係があったようですね・・・

 

しかも、例の「固定残業制」で・・・

 

 

「サービス業全体のトレンド?!」

 

お寺までも・・・

 

今年に入ってからは、ヤマト宅配便の人手不足騒動など、いよいよ「サービス業」の待遇改善のトレンドが本格化しているのでしょうか?!

 

労働者側の権利意識・法律知識の変化が起きているのかもしれませんね。。。

 

サービス業の経営者・経営予定の方は、今後は、「人材」「人件費」のトレンドの変化を想定したうえで、事業計画を立てる・見直すことも必要かもしれませんね。。。

 

 

「まとめ」

 

・一部のお坊さんはお寺と雇用契約を結んでいる?!

 

・お坊さんも、労働者である以上、残業代を請求する!

 

・経営者は、業界を問わず「人事リスク・コスト」を再検討すべき?!

 

 

mocha-afp.hatenablog.com